大学時代の学費が抑えられる国立大学。といっても、今は私立との差が小さくなる傾向があります。学費だけでなく、学生生活費も含めて見てみましょう。

国立大学の授業料は一定の範囲内で決められる!?

undefined

 

かつて国立大学は国の組織の一部で、いわば国営でした。しかし、2004年度からは法人化され、国から独立した「国立大学法人」となりました。教職員も「みなし公務員」となっています。

国立大学の検定料・入学料・授業料は、国営時代は大学・学部にかかわらず一律でしたが、法人化後は国が定める範囲(標準額の上限+10%、下限なし)で大学が自由に決められるようになっています。

実際には、ほとんどの国立大学が標準額で設定しています。

国立大学の授業料等

現在の検定料や入学料、授業料を見てみましょう。文部科学省が行った調査によると、次のような結果となっています。調査結果は平成22年度までしか発表されていませんが、その後は変更されていません。

<検定料>
標準額と同額:86大学
標準額=大学学部(昼間):17,000円、大学院:30,000円

<入学料>
標準額と同額:86大学
標準額=大学学部(昼間)・大学院:282,000円

<授業料>
標準額と同額:81大学
標準額=大学学部(昼間)・大学院:535,800円

授業料を標準額より安くしている大学は次の通り。いずれも年額で1万5000円下げています。

・北海道教育大学 大学院(教職大学院を含む)
・北見工業大学 大学院(博士課程)
・千葉大学 大学院(博士課程)
・東京大学 大学院(博士課程)
・三重大学 大学院(博士課程)

このほか、特定の学部のみ学費が異なっている大学・学部もあります。
・東北大学 経済学研究科 会計専門職専攻 589,300円 (+53,500円)
・東京農工大学 技術経営研究科 技術リスクマネジメント専攻 572,400円 (+36,600円)

なお、国立大学を4年で卒業した場合に検定料・入学金・授業料を含めていくらかかるかというと、単純計算ですが、
検定料1.7万円+入学金28.2万円+授業料53.58×4年=204.22万円
主な学校納付金だけでこの額になります。

このほかにも、通学費や教科書、参考図書、学用品代、生活費などが別途かかります。

>>生活費はいくらかかる?>>