●「合併症」は健康保険がきくことがあります
妊娠・出産は「病気ではない」ため、通常は健康保険はききません。ですから、病院の医療費は全額(つまり10割)、自己負担になります。その負担分を補う形で、出産育児一時金があるわけです。

しかし、あまり考えたくはありませんが、妊娠・出産のトラブル、つまり「合併症」になってしまった場合は、健康保険が適用になり、医療費は3割の自己負担で済みます

具体的な合併症の低としては次のようなものが挙げられます。
<合併症の例>
妊娠中・・・切迫流産、切迫早産、妊娠中毒症など
出産時・・・帝王切開など

ただし、健康保険が適応されるかどうかは、医師会や厚生労働省の基準にのっとって医師が判断するものとなります

●合併症だと民間の医療保険も適用に
健康保険がきく「合併症」となった場合は、自分で入っている医療保険の給付を受けられる可能性もあります。「合併症」で入院した日数によっては入院給付金が、「合併症」で手術をしたなら(帝王切開など)、手術給付金の対象にもなります。

正常に生まれるのがイチバンですが、万一、合併症になってしまったときは、保険の支えがあるので安心。トラブル出産になっても、出産育児一時金ももらえます。