学費・教育費/学費・教育費アーカイブ

少子化を取り巻くキビシー現実 「子供1人に3000万円」part2(3ページ目)

子供の教育費と養育費をあわせると、公立中心の進路でも子供1人に3000万円かかるというデータがあります。今回はその最新版をチェックします。

豊田 眞弓

執筆者:豊田 眞弓

教育費 ・ 奨学金ガイド

  • Comment Page Icon

それでも聖域は守られている


AIUのデータを見ると、食べるものや着るもののお金を削減して、教育にお金を回している親の姿がイメージできます。
あるいは逆に、教育に回すお金は削減できないので、養育費で調整しているのでしょうか。

野村證券調べ「エンジェル係数」でも、養育費は削減しても、教育やお稽古事などにかけるお金は削減していないことがわかります。
参照:「子育て費用に節約の波!?」

ただし、数字に飲まれないこと!


前ページまでの数字を見るとビビッてしまいますが、これだけお金がないと子供を育てられない、という数字ではありませんので誤解なきよう!

教育費は、塾代やお稽古事をどうするのか、進路をどうするのかで、トータルの費用は変わります。
養育費はそもそも生活費の中でまかなわれているものですし、節約すれば抑えられるものです。

参照:「子供費」データに飲まれるな!

また、子供にかかるお金は「かかる」のではなく、かわいいから「かけたくなる」のも真実です。

・・・とはいえ、教育にかかるお金がもっと削減できるに越したことはありません。補講塾が不要なくらい、公立校の教育力がアップしてくれたら助かるのに・・・と思う親は少なくないのでは?


あなたはどう思いますか?ご意見・ご感想などお願いしますm(_ _)m =>カキコミはこちらへ☆


★あなたの1票にご協力を!★
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/7/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます