高校までは公立校で、
大学は私立校を考えている人は教育資金をどう貯める?

 
小学・中学・高校とも公立の予定であるなら、大学時代にかかる教育費を中心に貯めましょう。高校までの教育費(受験準備費用以外)は原則として家計の中からまかなう、という考え方です。

文部科学省「データから見る日本の教育2006」によると、私立大学でかかる教育費と関連費は、4年間で581万円。これと、高校時代の受験準備分として年間100万円×2年を加えた合計781万円の半分程度は毎月の家計から負担すると考え、残りの半分程度を貯蓄の目標額にするといいでしょう。

ただし大学時代に下宿する可能性があれば、年間100万円程度の実費は別途かかりますので、それに上乗せして備える必要があります。

ですので、高校までは公立校で、大学は私立校を考えている場合の目安額は下のように考えられます。

この金額を、比較的貯めやすい中学卒業までにほぼ貯め終えていれば、進路変更があった時にも対応しやすいといえるでしょう。

<貯蓄目安額>(あくまでも目安です。大学は私立文系の場合)
・自宅通学なら400万~500万円
・下宿予定なら600万~700万円
*不足分は奨学金などで埋める。

参照:大学が国立の場合は、自宅通学で300万~400万円。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。