医療保険の告知書には何を書く?

告知書って何を告知する書類なの?

告知書って何を告知する書類なの?

医療保険に加入するには、被保険者の健康状態について告知書にありのままを記入しなければなりません。

告知書は保険会社が医療保険契約を引き受けるかどうかの重要な判断材料として使うものです。満15歳以上の場合は必ず被保険者自身が事実を記入し、保険会社へ健康状態を伝える必要があります。告知書の内容が事実と異なると、保険契約を解除させられたり給付金を受取れなかったりする可能性があります。

では、それほど大事な告知書とは一体どのような内容なのか、告知書の具体的内容や書き方をみていきましょう。ここでは医療保険の一般的な告知書の内容を紹介します。記入の際の参考として、また後々に不快な思いやトラブルを起こさないための事前策として活用して下さい。

※保険契約引受の可否は、告知書の内容だけで判断されるわけではありません。保険募集人(保険会社の営業担当者等)が被保険者の外見上などに不審な点がないか、危険な趣味をもっていないか等の確認もしています。

名前や生年月日のほか、職業や勤務先名も記入する

最初に、告知書を記入する「日付」、被保険者自身の「名前」「フリガナ」「生年月日」「性別」を書きます。もし書き間違えてしまった場合は、間違えた箇所に二重線を引き、訂正印を押して、すぐ上などの空白スペースに正しく書き直します。訂正の印は、申込書の被保険者印と同一になります。訂正の仕方は、修正液、消しゴム、上書きや無理やりの書き足しでは駄目なので注意が必要です。

次に、記入日現在の職業について「勤務先名」「業種」「仕事の具体的内容」などを書きます。業種は不動産業とか公務員などと書きます。仕事の具体的な内容は、不動産賃貸の営業や小学校教員などと書きます。適切な言葉が浮かばない時は、保険会社の人がイメージできるような言葉を使うとよいです。主婦(主夫)の場合は主婦(主夫)と、学生の場合は学生(保険会社によっては学校名や学年も必要)と書きます。無職の場合は無職と書きますが、もし年金で生活している状態であれば、年金生活者と書くことも可能です。

そして、「身長」「体重」を書きます。身長と体重は毎日測定していないでしょうから、おおよその数値でも構いません。最近受けた健康診断での数値などを記入してもよいでしょう。女性の場合、体重を書くことに抵抗のある人もいますが、必ず正直に書いて下さい。身長と体重を記入する必要のない告知書もあります。

次は、健康状態に関する項目>>>