各ランキングは調査した28市町のうち保険料(税)の低い方から上位10と下位10を記載します。

国民健康保険料ランキング 持ち家編

■ファミリー
国民健康保険加入者が4人(例えば夫婦と子供2人)で、固定資産税を払っている(自らが所有している一戸建てやマンションに住んでいる場合等)世帯の保険料です。

国民健康保険料 持ち家編ファミリーの場合
国民健康保険料 持ち家編ファミリーの場合

介護保険料をまだ払わない20~30歳代で、既に家を所有しているファミリーのような世帯は、このランキングが重要になります。最も国民健康保険料が低いランキング1位は相模湾に面している大磯町の269,025円で、川崎市開成町が続きました。逆に最も高い28位は湯河原町の431,945円で、大磯町の1.5倍弱となりました。

■DINKS
国民健康保険加入者が2人(例えば夫婦のみ)で、固定資産税を払っている世帯の保険料です。

国民健康保険料 持ち家編DINKSの場合
国民健康保険料 持ち家編DINKSの場合

介護保険料をまだ払わない20~30歳代で、既に家を所有しているDINKSのような世帯は、このランキングが重要になります。最も低い1位は大都市である横浜市の219,760円でファミリーとは違う結果になりました。逆に最も高い28位はファミリーと同じく湯河原町で369,345円でした。

■シングル
国民健康保険に加入している1人暮らし世帯の保険料で、固定資産税を払っている世帯の保険料です。

国民健康保険料 持ち家編シングルの場合
国民健康保険料 持ち家編シングルの場合

介護保険料をまだ払わない20~30歳代で、既に家を所有している1人暮らし世帯はこのランキングが重要になります。最も低い1位は横浜市の177,140円で、最も高い28位の湯河原町とは倍近い差となっています。

横浜市は唯一「世帯割」の設定がありません。また「均等割」の保険料が他より高いので、ファミリーでは7位でしたが、DINKSやシングルで1位となっています。少人数世帯に優しい市と言えます。



次は賃貸暮らしの国民健康保険料ランキングです。