「医療保険の保険料は月々いくらくらいが妥当なのでしょうか?」――ファイナンシャルプランナーとして相談業務をしていると、時々このような質問を受けます。

たしかに同じような保障内容であって、保険会社や保障の設定によって保険料が倍以上違うケースもあり、一般消費者の立場から適切な保険料をイメージすることは難しいかもしれません。

そこで、今回は医療保険の保険料はいくらぐらいが適切なのか考えてみました。

適切な保険料を算出するまでの流れ

適切な保険料を算出するには、次のような順で考えていくとわかりやすくなります。
適切な保険料を算出する流れ

適切な保険料を算出する流れ


適切な医療保険を選ぶには、安心できる保障内容であることが大前提となります。安心できる保障内容とは、もし病気やケガで入院・手術をした時に、お金の心配をしなくて済むということです。まずは、治療費の負担はどのくらいになるのかからイメージしてみましょう。

病気やケガで入院等をした時の経済的負担をイメージ

入院したらいくらくらいかかるのかな?
入院したらいくらくらいかかるのかな?
入院した時に治療費がどのくらいかかるかは、どんな傷病でどの病院に入院するかによって個人差がかなりあります。しかし、平均値であれば自己負担額を推測できる情報はいくつかあります。ここでは各自治体の国民健康保険給付状況から入院1件あたりの費用を推測してみました。

例えば東京都渋谷区の場合、一般被保険者の入院1件あたりの診療費の額は53万37円(渋谷区平成24年版区政概要より)。このうち自己負担割合が3割とすると、患者負担は約16万円です。

名古屋市の場合では、1件あたりの額は51万7438円(名古屋市平成24年度版名古屋市健康福祉年報〈事業編〉よりガイドが計算)で、こちらも患者負担は約16万円になります。

他にも、例えば高知市は、1日あたりの医療費が2万7923円、1件あたりの日数が18.7日(高知市特定健康診査等実施計画(案)より)のため、入院1件あたりの額は52万2160円。自己負担3割として計算するとやはり約16万円になります。

3区市を計算しただけですが、平均値として入院したら16万円くらいかかるとイメージしておくとよさそうです。ただ、この平均値には健康保険給付対象外の差額ベッド代や交通費、先進医療費等は含まれていません。そこで、次は一般的なデータではなく個人的な要件からイメージしてみましょう。

次のページでは、入院・手術をすると実際どのようなお金が動くのかを挙げました。