基本的な保障は入院給付金と手術給付金

入院と手術が基本的な保障

入院と手術が基本的な保障

生命保険会社や損害保険会社の医療保険は数多くありますが、基本的な保障は病気やケガで入院した時に受取れる入院給付金保障と、手術をした時に受取れる手術給付金保障になり、この2つの保障を主契約としている医療保険が多いです。

ほとんどの医療保険では、入院給付金も手術給付金も定額での保障となっていて、例えば、入院給付金が日額1万円、手術給付金が1回あたり20万円で、10日入院と1回手術をしたとすると、受け取れる給付金は30万円(1万円×10日と20万円×1回)になります。保障される入院の日数には、1回の入院では60日間、保険期間中の通算では1000日のような制限がありますが、手術の回数は基本的に制限がありません。

なお、保障の対象となる入院や手術は公的な健康保険と同じではなく、各医療保険ごとに定められていて、その内容が約款に記載されています。
 

追加できる保障

入院給付金と手術給付金以外の保障も医療保険にはあります。例えば、女性特有の病気で入院した時は入院給付金日額が増額されるような保障、先進医療による治療を受けた場合は先進医療技術料相当額を受け取れる保障、がんに対する保障、死亡の保障等があります。これらの保障は特約であることが多く、必要に応じて付加できるようになっています。

最近は、治療費が高額になることもある先進医療に備えた保障が増えてきています。がんに対する保障は他にがん保険があり、死亡の保障も他に終身保険や定期保険があるので、これらの保障を必ずしも医療保険に付ける必要はありません。追加できる保障の種類は医療保険によって異なるので、詳しくは各医療保険のパンフレットやHPで確認すると良いでしょう。

保障を受けられる期間は?