各自治体が子育て支援として取り入れている子供の医療費助成について、過去東京都、神奈川県、大阪府、愛知県と全国について取上げてきたところ、毎回好評を得ているので、今回は次に人口の多い埼玉県を取り上げてみることにしました。

東京の北に位置する埼玉県は若い世代が多いイメージがあり、子育て支援のひとつである医療費の助成も手厚い内容になっているのではないかと期待して調査に取り掛かりました。

埼玉県の子ども医療(医療費助成)制度の内容

埼玉県は入院・通院とも小学校就学まで助成対象
埼玉県は入院・通院とも小学校就学まで助成対象
埼玉県の子ども医療(医療費助成)制度は、小学校就学までの入院や通院で、医療保険で医療を受けた場合の医療費の自己負担分を助成するとなっています。

この内容に各市町村で助成対象年齢を拡大する等の独自のサービスが上乗せされます。埼玉県の子育て支援については、医療費助成も含め、埼玉県/子育てで確認できます。

埼玉県各市町村の子ども医療費助成制度

埼玉県内各市町村の多くは県の内容に独自で上乗せしていますが、市町村によって「通院時の助成(医療費支援)をいつまで上乗せしているか?」「入院時の助成(医療費支援)をいつまで上乗せしているか?」「入院時の食事療養費は対象かどうか」などが異なります。

所得制限については、全ての市町村で制限なしか記載されていなく、東秩父村だけ例規集で所得制限について記載されているのを確認しました。また一部で一部負担金を取り入れているところもあり、それらをもとにグループ分けしました。



各市町村の助成内容は次のページから!