パーツ別ダイエット方法/パーツ別ダイエット方法の関連情報

みるみるお腹が引き締まる快速ヨガ!

下腹のポッコリ&たるみを自宅でしっかり引き締め。外出が多くなる年末年始、おいしいものを食べるたびに、罪悪感も増えてない?脂肪はしっかり減らしましょう!

この記事の担当ガイド

健やかに美しく輝く女性をサポートする、骨盤美容のエキスパート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお腹、どうすればいいの?

なかなか減らないお腹の脂肪…
なかなか減ってくれないお腹の脂肪に悩んでいる方、多いですよね。

残念ながら、皮下脂肪の燃焼には段階があり、一歩一歩順を追って減っていくもの。実は、内臓脂肪が減ってから、その次に皮下脂肪が減るのです。

そのため、ウエスト引き締めのヨガは、最低でも3週間から1ヶ月、休まず続ける必要があります。また、内臓脂肪が減るのは、血中脂肪が使われた後からになるので、つまり皮下脂肪が燃焼するまでには3段階の道のりがあるといえます。

うーん、道のりは遠い? 難しい? 諦める?

でも、続ければいいんだから、ある意味簡単! 今回は、とにかくお腹だけでもシェイプしたいというあなたにおくる、ウエスト集中ダイエットです。


ウエストが締まると、全身が女性らしいラインに!!

写真を見れば一目瞭然ですが、腹筋を鍛えるV字のポースは、下腹部の筋肉を使って全身のバランスを取る難しいポーズといえます。

まずは初級編からはじめて、慣れてきたら上級編へレベルアップしましょう。ポーズができるようになる頃には、皮下脂肪もスッキリです!

【V字のポーズ】
こちらは上級編、まずは初級編からはじめましょう!




【V字のポーズ・初級編】
 
(1)両ひざを揃え、骨盤はマットに対して垂直にし、背筋を伸ばして座る。<息を吸って>準備。

 
(2)<息を吐きながら>右足をマットと水平になるところまでゆっくり持ち上げる。

 
(3)再び<息を吸い>、左足も同様に持ち上げる。
背中が丸くならないよう、お腹と背中をしっかり引き寄せる。

 
(4)<息を吸いながら>両腕をマットと平行になるところまで持ち上げる。その姿勢で3呼吸します。


≪簡単編≫
手を持ち上げられない人は、両手をマットに置いたまま、(3)の姿勢で3呼吸しましょう。

更新日:2014年04月28日

(公開日:2006年11月14日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    9

    この記事を共有する