パーツ別ダイエット方法/パーツ別ダイエット方法の関連情報

1週間で確実に締まる!「3方向」腹筋ダイエット

今回は1週間でお腹周りを引き締めます。腹筋を割りたい! と思う人は少数派かもしれませんが、くびれを!引締めたい!という人は多いはず。でもこれ、実は同じ事。余分なお肉に隠れている筋肉を刺激すると脂肪が燃え、本来割れている腹筋が表面に出てきます。 とは言え、そこまで行くには少々時間が掛かりますが、その前に引き締まり、くびれ現象が現れます。いかがですか? やる気が起きたところで早速、動いていきましょう!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

短期間集中! 1週間でお腹を効率良く引締めよう

引き締まったお腹は、短期間で! 効率よく! が決めてです?!

引き締まったお腹は、短期間で! 効率よく! が決め手です!

ポッコリしたお腹、ムッチリした脇腹を見るたび、触るたび、ため息をついている貴方、1週間で引き締まったお腹が手に入る!と聞けば、ちょっと頑張れる気がしませんか? お腹周りを引き締めるには、この記事でオススメする「3方向」から攻めるのが効果的です!

「3方向」とは、いわゆるシックスパックと言われる割れたお腹を作る“縦の筋肉”=腹直筋、“くびれを作る斜めの筋肉”=腹斜筋、“お腹に筋肉のベルトを作る、横の筋肉”=腹横筋。ここを刺激するように動いていけば、誰でも理想のお腹に仕上がります。

今回は1週間という短期間で引き締めるのが目的なので、ダンベルで負荷をつけ、効率良く体脂肪を削り、筋肉をつけるように動いていきます。

使うダンベルの重さは、0.5~2kgの範囲で、自分が数回上げ下げ出来る重さを選びましょう。もし、ダンベルがなければペットボトルにお水を入れてオリジナルダンベルを作ってしまいましょう。

また、筋トレはお休み日が必要では?と思った人、勿論疲れた、筋肉痛になってお休みしたいと思ったらお休みしましょう。腹筋は意外と強い筋肉なので、1セットx 3タイプを1週間頑張っても大丈夫ですが、あくまで無理のない範囲で行うようにしましょう。

では、早速動きのご紹介です。

更新日:2014年04月17日

(公開日:2011年04月19日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    139

    この記事を共有する