毎日のお助けレシピ/炊飯器で作るケーキ・おやつ

炊飯器で作る もちもち お餅パン

餅どら焼きが大好評だったので、今日は餅パンを作りました。高温多湿な梅雨時は、パン作りに最適です。部屋で発酵させ、炊飯器で焼き上げた餅米粉パンをどうぞ。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
炊飯器で作る もちもち お餅パン

所要時間:60分以上

カテゴリー:パン・ピザもちパン

 

パン作りに適した季節到来!

高温多湿な梅雨時は、パン作りに挑戦する絶好のチャンスです。 パン生地の発酵を室内でやり、焼き上げは炊飯器でします。炊飯器発酵と違い、保温スイッチを切ったり入れたりの手間が要りませんし、切り忘れて慌てる心配もありません。室温でパン生地が面白いほど膨らみます。試すなら今です。

炊飯器でお餅パンの材料(5合炊き炊飯器用

お餅パンの材料
強力粉 220g
餅粉 80g
ドライイースト 小さじ1
スキムミルク 大さじ2
砂糖 大さじ1
小さじ2/3
185〜190cc
バター 15g

炊飯器でお餅パンの作り方・手順

お餅パンの作り方

1:

ボウルに強力粉、もち粉、イースト、塩、砂糖、ミルクを入れ、泡だて器でかき混ぜる。水を電子レンジで45℃位(熱めの風呂の温度)に温めてバターを入れて混ぜて溶かし、粉に流し入れ、箸でかき混ぜ、水分が全体に行き渡ったら、ラップをふんわりかけて15分休ませる。 ここでは粉っぽさが残ってて良い。

2:

4〜5分間、手でこねたり叩きつけたりしたら、表面をきれいに丸め、薄くサラダ 油を塗った内釜に入れる。水で濡らしたラップをかける。

3:

約30℃の場所に置いて、2.5倍の大きさまで膨らませる。(今日は1時間) 2.5倍に膨らんで、粉をつけた指を差し込んでみて、穴が戻って来なかったら発酵完了。

4:

グーで押してガス抜きし、上下左右に折りたたみ、下になってた面を上にして丸め、口をしっかり閉じて内釜に戻し、水で濡らしたラップで覆う。

5:

30℃の場所で、ガス抜き前の大きさ位まで膨らませる(今日は40分)。ラップを取り、霧吹きして普通に炊く。

6:

スイッチが切れたら網の上に取り出す。 搗き立てのお餅のように柔らかなので、取り出す時はひっくり返さずに、釜肌の上を滑らすように網に移す。

7:

おまけ: ホームベーカリーで焼いた餅粉入り黒ゴマパン。

ガイドのワンポイントアドバイス

使用したのは三洋の圧力IHジャー炊飯器 5.5合炊き

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年09月17日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する