ホームシアター/ホームシアター関連情報

5分でよく分かる?DLNAとは?

DLNAが分かれば、ネットワークAVがもっと便利に、そして生活が豊かに! DLNAの基礎知識から具体的な使用例までを網羅。5分であなたもDLNAマスターになれます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DLNAとは? DLNAで出来る事

DLNA対応製品は、このロゴが目印。
DLNA(Digital Living Network Alliance)とは、テレビやレコーダーといったAV家電をはじめ、パソコンおよびスマホ/タブレット端末など、機器やメーカーを問わず、LANを通じて、映像・音楽・写真をやりとりできるようにするためのガイドラインです。

DLNAに対応した機器をLANに接続すれば、以下のような楽しみ方ができます。
  • リビングのHDDレコーダーに録り貯めた映像を、他の部屋にあるテレビや、タブレット端末で視聴する。
  • スマホに入っている音楽を、ワイヤレスでミニコンポから再生する。
  • スマホでNASに入っている音楽や動画を探して、指定したテレビで再生させる。

DLNAは「規格」ではなく、「ガイドライン」

DLNAが規格でなくガイドラインと呼ばれるのは、DLNA自体が新しい技術ではなく、使用する技術(既存)を取り纏めた「ルール」だからです。「ルール」が決まっていると、機器やメーカーを問わず、高い互換性を確保できるという訳です。


100%ではない互換性

DLNAをベースとしたネットワーク機能を、「ルームリンク」(ソニー)、お部屋ジャンプリンク(パナソニック)などと愛称で呼ぶメーカーもありますが、「DLNA」で定められている基本機能(再生、停止、早送りなど)は、概ね互換性があります。

例えば、パナソニックのBD/HDDレコーダー「DIGA」に録り貯めた映像を、LAN経由で、ソニーのテレビ「BRAVIA」で視聴することができると言った具合です。

但し、メーカー毎に独自で追加している機能や、同一メーカーでも製品によって対応している機能やファイル形式が異なるなど、互換性が100%確保されている訳ではありません。特に写真や音楽ファイルは注意が必要です。

DLNAはメーカーや機器の垣根を越える取り組みですが、ユーザーにおいては、自分か利用したい機能やファイル形式を見極め、それに対応している製品を選ぶことが重要です。

例えば、パナソニックでは、WEBサイトで、機器を選ぶと出来る事が分かる「できることチェッカー」を提供しています

 

次のページでは、DLNAの機能について基礎知識と具体例を挙げます。

更新日:2014年06月12日

(公開日:2007年06月26日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    57

    この記事を共有する