ホームシアター/ホームシアターの選び方・基本

ホームシアター用プロジェクターの選び方

家庭でも映画館のような大画面を叶えてくれるプロジェクター。自宅にいながら、映画も音楽ライブも臨場感たっぷりに楽しめる上、近年、性能の向上と低価格化が進み、人気が高まっています。しかし、一般的に馴染みの薄いプロジェクター。どのように選べば良いのか迷うものです。この記事では、プロジェクターのトレンドと選び方、お勧めモデルをご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクターのトレンド(種類と特徴)

プロジェクターを大別すると、「上級ホームシアター用」、「データ用」(オフィス用)、そして、その中間的な性能と手頃な価格で人気上昇中の「初級ホームシアター用」の3種類に分類できます。

・上級ホームシアター用プロジェクターの特徴:
  1. 縦横比は16:9。解像度はフルHD(1920×1080)または4K(4000×2000)。
  2. 本体は比較的大きいが、冷却ファンの騒音は低い。
  3. 暗室を前提。映像は明るさよりも、色の再現性を重視(高画質)。
  4. 比較的高価(10万円程度~)。

・データ用プロジェクターの特徴:

  1. 縦横比は4:3が中心で16:9もある。解像度はVGA(800×600)~フルHDまで様々。
  2. 本体はコンパクト。冷却ファンの騒音は大きい製品が多い。
  3. 映像は、日中の会議室でも視認できるよう、明るさを最重視(画質は二の次)。
  4. 携帯可能なコンパクトタイプは比較的安価(3万円~8万円程度)。

・初級ホームシアター用プロジェクターの特徴:
  1. 縦横比は16:10でWXGA(1280×800)が中心(製品による)。
  2. 本体の大きさと冷却ファンの騒音は上級ホームシアター用とデータ用の中間くらい。
  3. 映像は、日中のリビングでも視認できるよう、明るさを重視(画質も考慮)。
  4. 手頃な価格(5万円~10万円程度)。


選び方

暗室で映画を高画質に鑑賞したいなら、上級ホームシアター用プロジェクターが適しています。解像度もブルーレイやデジタル放送にピッタリのフルHDがメインで、色再現性を含めた総合的な画質でも優れています。光源ランプを冷却するファンの騒音が低く、音響を妨げないのもポイントです。

予算が10万円以下なら、初級ホームシアター用プロジェクターを検討しましょう。解像度、色の再現性、黒の締まりなど、画質面では上級ホームシアター用に及びませんが、リビングなどの明るい部屋で、テレビ番組やスポーツを”ながら見”したり、ゲームを楽しむには充分な性能です。マニアのように画質にとことんこだわらなければ、映画もキレイに鑑賞できるクオリティーを備えています。

安価なデータ用プロジェクターは、プレゼンテーションで文字や図が読める最低限の画質です。当「ホームシアター」サイトでは、映像鑑賞用途での利用をおすすめしません。


種類別オススメ製品

【上級ホームシアター用プロジェクター】

■映画館に迫る最高峰の画質
JVC DLA-X95R

家庭用としては最高峰の4K対応モデルです。JVC独自の反射型液晶デバイスであるD-ILAを採用し、黒の引き締まったコントラスト豊かな映像美が堪能できます。また、「オートキャリブレーション」機能を備え、市販の光学センサーを追加する事で映像の色味を自動補整でき、制作者の意図を極限まで引き出す事ができます。

 

■設置性ナンバーワン
エプソン EH-TW8100W
最大の特徴はHDMIのワイヤレス接続です。長くなりがちなHDMIケーブルの引き回しが不要なので、設置性に優れ、インテリア面でも有利です。

また、レンズシフト機能もクラス最高峰の柔軟性を持ち、高画質を保ちつつ設置場所の選択肢が広がります。ランプを冷却する空気は全面で吸排気を行うので、棚の中に設置する事もできます。

 
■コンパクトで良質な3D映像
三菱 LVP-HC8000D

DLP方式のコンパクトなモデルです。液晶に比べて応答の早いDLP方式の長所を活かし、二重像が少なく3Dメガネ越しでも明るい3D映像が楽しめます(別売りの”高速シャッターブラック液晶メガネ”を使用した場合)。

また、三菱独自の映像処理技術により、映像のブレやカクカク感も少なく、長時間の映画鑑賞も快適です。

 

【初級ホームシアター用プロジェクター】

■コンパクト&高画質
エプソン EH-TW510S
解像度はWXGAでHD画質を確保し、3Dにも対応しています。安価でコンパクトながら、エプソンの独自技術を投入し、豊かな色彩表現もポイントです。2,700ルーメンの光出力を誇り、明るい部屋でテレビ番組を視聴したり、ゲームを楽しむ用途にも適しています。

 

■4畳半で100型も! 極短焦点
ソニー VPL-BW120S

1.3mの投写距離で、100型が実現できる極短焦点モデルです。ソファーの前のテーブルに置いて、壁面に大画面を投写したい……というニーズに応えてくれます。
解像度はWXGAで、従来の短焦点モデルにありがちな、映像の歪みや周辺の輝度低下も皆無。HD画質を充分に楽しめます。


■お手軽価格のフルHD機
BenQ W1070

フルHDタイプの中ではお手頃な価格が魅力。コンパクトサイズでファンの騒音もデータプロジェクターに近い印象ですが、画質は良好で映画鑑賞にも充分です。美しいグラフィックを楽しみたいゲームファンにもオススメです。

 

その他に必要な機材

プロジェクターは原則、映像を投写する機能のみ備えています。テレビ番組やブルーレイソフトを視聴したいユーザーは、ブルーレイ内蔵HDDレコーダーなどを利用すると良いでしょう。

一部でスピーカーを内蔵した製品もありますが、これらは簡易用途と考え、原則、別途オーディオ機器を準備しましょう。ホームシアター用のオーディオ装置が理想ですが、入門者なら、最初はお手持ちのオーディオシステムを利用しても良いでしょう。

今回ご紹介した製品をはじめ、最新モデルの殆どはHDMI入力を搭載しています。HDMIケーブルがあれば、HDMI出力端子を搭載したHDDレコーダー、パソコン、ゲーム機などと接続して、いろいろな映像を大画面で楽しむ事ができます。

とにかく一度、ご家庭で大画面を体験してみてください! 放送もデジタル化され、大画面にも耐える高画質に進化しています。今まで見ていた映像からも、新たな発見があるはずです!


次はプロジェクター設置 3つのツボ!>>
 

更新日:2013年03月21日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    5

    この記事を共有する