ホームメイドクッキング/燻製・漬物レシピ

桜の塩漬け

ほんのりと香る桜花の塩漬け。お白湯にいれて桜湯に、また桜ご飯に、お菓子作りにと、この季節ならではの楽しみです。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜の塩漬け

所要時間:60分以上

カテゴリー:サブのおかず漬物

 

春の楽しみ 桜の塩漬け

4月になれば満開の桜のもとでお花見。やさしい色合いの桜は染井吉野です。この桜が咲き終わると、こんどは花びらが幾重にもある、八重桜が咲き始めます。

桜の塩漬けは、色も香りもよい八重桜の七分咲きを、軸ごと摘みとって塩漬けします。散歩中に八重桜を見かけたら、ぜひ少し分けていただき、桜の塩漬けをしてみませんか。さくらの季節ならではの楽しみです。


桜の塩漬けの材料(出来上がり量 150g

桜の塩漬け
八重桜 200g
50g
梅酢 大さじ4 ※白梅酢でも赤梅酢でも良い
八重桜の花は、排気ガスなどかかってないものを使います。

桜の塩漬けの作り方・手順

桜の塩漬け

1:桜の花を、たっぷりの水で洗う

桜の花を、たっぷりの水で洗う
軸ごと摘み取った花は、たっぷりの水で洗います。

2:キッチンペーパーで水気を取る

キッチンペーパーで水気を取る
ざるに上げ、水気を切ります。キッチンペーパーで軽く押さえます。

3:桜と塩で、一晩漬け込む

桜と塩で、一晩漬け込む
卓上漬物器に花と塩を振り入れ混ぜ合わせ、上から重石(約400g)をかけます。一晩おくと水分が出てきます。

4:白梅酢をふりかける

白梅酢をふりかける
塩漬けの花をきつく絞り、白梅酢をふりかけます。

5:重石をのせ、3日ほど漬ける

重石をのせ、3日ほど漬ける
軽く重石(100g)をします。上からラップをかぶせ3日ほど漬けます。

6:白梅酢で、鮮やかに染まる

白梅酢で、鮮やかに染まる
白梅酢を加えることで、鮮やかなピンク色になりました。

7:ざるに広げ、陰干しをする

ざるに広げ、陰干しをする
ざるの上にキッチンペーパーをのせ、桜の花が重ならないように広げて陰干しを3日ほどします。

8:陰干しで乾いた塩漬け

陰干しで乾いた塩漬け
陰干しをして乾いた状態の塩漬けです。

9:保存ビンに入れる

保存ビンに入れる
保存瓶に塩と桜の花を入れて保存します。塩にも桜の香りが移り、振り塩として使えます。

10:梅酢に漬けたままの保存も

梅酢に漬けたままの保存も
手順6の塩漬けの後、梅酢に漬けた状態で冷蔵庫で保存した桜の塩漬けは、お漬物感覚で食べられます。

ガイドのワンポイントアドバイス

塩漬けの後の梅酢は、白梅酢を使用すると上品な桜色に、赤梅酢を使用すると鮮やかな色に染まります。

更新日:2010年04月06日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    32

    この記事を共有する