家庭菜園/野菜別の育て方

スイカの育て方

猛暑なときほど甘くてみずみずしくなるというスイカ。原産地は南アフリカのカラハリ砂漠とされています。スイカといえば、大きくて黒い縞模様が特徴ですが、家庭菜園では、あまりスペースをとらず、栽培しやすい小玉スイカがオススメです。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
収穫期を迎えたスイカ

収穫期を迎えたスイカ

猛暑なときほど甘くてみずみずしくなるというスイカ。原産地は南アフリカのカラハリ砂漠とされていて、4000年前には、すでにエジプトで栽培されていたそうです。その頃は、種を食用にしていたそうですが、徐々に中央アジアなどの砂漠地帯で、みずみずしい果実が飲料として用いられるようになったとのこと。

スイカといえば、大きくて黒い縞模様が特徴ですが、家庭菜園では、あまりスペースをとらず、栽培しやすい小玉スイカがオススメです。

スイカの栽培スケジュール

スイカの栽培スケジュール

スイカは高温を好むため、苗の植え付けは完全に暖かくなってから。種から始める場合は、温床で3月下旬からはじめます。


準備するもの

苗からはじめる場合は、病気に強い「接ぎ木苗」を用意します。スイカは高温を好むので、地植えの際は、マルチを使用するのが有効です。黒いビニール製シートで、土を完全に覆うようにし、植え付ける部分に穴を空けて使用します。ホームセンターや農業資材を扱っているお店で売られています。

植えつけ方

スイカは、生育初期には肥料は少なめに、玉ができはじめてから肥料が効いてくるのが理想的です。地植えの場合は、苗を植えつける2週間ほど前にスコップで深さ30cmくらいの穴を掘り、完熟堆肥を入れて埋め戻し、目印として棒か何かを立てておきます。畝を整えたら、黒いビニールマルチを張り、肥料を入れた穴の真上に、苗を植え付けるようにします。

プランターの場合は、奥行きと深さのある菜園用プランターを使用し、1つのプランターにつき、真ん中に1本だけ苗を植え付けます。プランターでは、肥料の深さを調整するのは難しいので、通常の培養土を使用し、玉ができはじめてから、液肥で追肥をするようにします。

次のページでは、スイカと干瓢(かんぴょう)の深~い関係について紹介しています!

更新日:2012年07月24日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    83

    この記事を共有する