家庭菜園/家庭菜園の始め方

家庭菜園の土作り(畑編)

肥料は、家庭菜園をはじめる際に最も気になることのひとつです。どんな肥料を買えば良いのか?ホームセンターの売り場で悩んでいる方を見かけることもあります。肥料や土に関する基本情報を紹介していきます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肥料は、家庭菜園をしていて最も気になることのひとつではないでしょうか。「どんな肥料を買えばよいのか」「この作物にはどんな肥料が合うのか」……。ホームセンターの売り場でも、悩んでいる方をよく見かけます。そんな、肥料や土に関する基本情報を紹介していきます。

肥料よりも重要な土作り

よく元気に育っている植物を見て、「お宅、肥料がいいのね。何を使っているの?」といった会話を耳にします。おそらく、肥料をたっぷりあげることが、植物が元気に育つことにつながると考えている方は多いでしょう。でも、それは違います。肥料をたっぷり吸収して育った植物は、害虫や病気の被害を受けやすいことが知られています。また、肥料の成分が偏っていることによって、作物の味が本来の味と違ってしまうというケースもあります。

実は、肥料選びよりも重要なことがあるのです。それは、よい土を作るということ。「よい土」とは、「団粒構造」といって、水もちと水はけのバランスが適度にとれていて、微生物が生息しやすい環境の土のことをいいます。このような土を使い、最小限の肥料で育てると、作物は丈夫に育ち、病害虫の駆除作業も少なく済みます。結果的に、農薬が可能な限り使われていない、味のよい野菜が収穫できるというわけです。
 

土作りの方法

雑草が多い土や、カチカチの土であえて育てるという方法などもありますが、ここでは、初心者の方でも簡単にできる、ごく一般的な方法を紹介していきます。

土をほぐす

コンクリート片や石などは取り除いて処分します。

1:雑草を取り除きます。そして、コンクリートの塊や石などがあったら取り除きながら、カチカチになっている土をほぐします。

 


 

炭と馬糞

左:炭(土壌改良用)・右:馬糞(たい肥と同様に使います)

2:土にたい肥と炭を混ぜます。たい肥は、落ち葉や樹皮を発酵させたもので、土壌微生物のエサとなったり、水はけを改善したりする働きがあります。これと同じような働きをするものに、牛ふんや馬ふんなどもあります。炭は、土の中に適度な酸素と水分を保ち、微生物の棲み家ともなります。

 


 

すき込む

たい肥や炭を、深くしっかりと混ぜ込みます

3:これらの材料をどれくらい使用するかは、その土の質によって異なります。スコップや鍬で、土に充分すき込んだ後に、ひとにぎりの土を手で軽く握ってみて、ホロホロと崩れるくらいになればOKです。



 

更新日:2010年03月26日

(公開日:2009年05月31日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    36

    この記事を共有する