湿疹・皮膚炎/症状および対処法

赤くてかゆい!しもやけの症状と対処法

冬の季節病とも言える「しもやけ」。知ってはいるけど、「自分には縁がない」「昔の肌トラブル」と思っていませんか?じつは現代の生活スタイルには、しもやけを引き起こす危険がひそんでおり、意外に身近な肌トラブルなのです。できてしまうとやっかいなしもやけ、その症状と対処法をくわしく解説します。

提供:田辺三菱製薬

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の季節病、しもやけ

寒い環境で生じやすい肌のトラブルに、しもやけがあります。別名、凍瘡(とうそう)とも呼ばれ、おもに手や足、耳たぶや鼻、頬に赤い発疹や腫れが生じ、かゆみや痛みを伴うのが特徴です。寒い時期に見られることから、冬の季節病とも言えるでしょう。

寒くなると血管は動脈、静脈ともに収縮しますが、動脈は温められるとすみやかに元に戻りやすいのにくらべ、静脈は戻りにくいという性質があります。この時間差によって血液の循環が滞り、体の末梢部分にある手足や耳に栄養が届かなくなって、うっ血や炎症といったしもやけの症状が起こると考えられています。

たとえば、デザイン重視の細いパンプスやきゅうくつなブーツ。こうした靴を長時間はき続けると、足の指先が圧迫されて血行が悪くなります。また、最近ブームとなっているジョギングなどのスポーツも、汗をかいたままでいると衣類が湿った状態となって肌が冷え、しもやけを引き起こす場合があると考えられます。

しもやけは、できてしまうと非常につらい肌トラブルです。水疱やびらん(ただれ)が生じることもあり、早いうちから対処しないといけませんが、乾燥からくる炎症など、他の肌トラブルと勘違いをすることもあるため注意が必要です。

●チェック!しもやけに見られる症状

□手や足が全体に赤く腫れている
□手足の指、手のひら、足の裏(ふち)に赤い発疹がある
□暖かいときはかゆくなり、寒いときは痛む
□手足の指が赤黒く変色している
□靴をはいたり、歩くときに痛みを感じる


ひとごとではない?しもやけを知ろう

しもやけは、子どもと女性に多いとされるほか、体質も関係していると言われています。地域別で見ると北海道や東北、新潟、京都をはじめ、九州でも発症する人が多いとされています。つまり、しもやけは寒冷が一因で生じるものの、寒さの厳しい地域特有のものとは限らないようです。

しもやけの症状は、大きく2つのタイプに分類されます。1つは、手足全体が熟れた柿のように腫れあがる「樽柿型」、もう1つは手足の指や足の裏(ふち)、耳たぶや鼻、頬に赤い発疹が出る「多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)型」です。いずれの場合もひどくなると水疱が生じ、さらにそれが破れてびらん(ただれ)を生じたりします。

しもやけ症状

子どもに多く見られる「樽柿型」。大人にも症状の多い「多形滲出性紅斑型」


こうしたしもやけと似ている症状に、「ひび」「あかぎれ」があります。同じく冬に多い肌トラブルですが、しもやけが赤く腫れてむずがゆいのにくらべ、「ひび」「あかぎれ」は水分喪失による肌の亀裂や出血、痛みをともなう症状があることから区別できます。

また、しもやけの別名である凍瘡(とうそう)と似た言葉に凍傷(とうしょう)があります。どちらも寒さが原因で生じますが、しもやけが日常的な寒さから生じるのに対し、凍傷は氷点下の冬山登山などのように急激に長時間、厳しい寒冷にさらされることで引き起こされるという違いがあります。

凍傷では皮膚組織が凍結し、壊死が深い部分にまで達するなどして、外科的処置が必要となることもあります。しもやけは一般的に、そこまで重症化することはありません。むしろ日常生活におけるこまめな寒さ対策、継続した肌のケアが必要となってきます。

>>気になるしもやけの対策法を知りたい!

※上記の内容は、執筆者または編集部が特定のサービス・商品などを保証するものではございません。

更新日:2011年02月08日

担当
ガイド