ストレス/ストレス発散・解消法

苦しいときに相談できる「つながり先」とは?

誰にでも「苦しいとき」は訪れるはず。1人きりで考え込むと、最悪なシナリオを描いてしまうかもしれません。そんな危機から抜け出すための「つながり先」についてお伝えします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「苦しいとき」は誰にでも訪れる 

tsunagari1

複数の要因が重なると、生きるのも苦しくなる

たとえば、返済ができないほどの借金を背負ってしまったとき、過酷なプロジェクトを抱えて出口が見えなくなったとき、配偶者に先立たれ、生活に困り果てたとき……このような「苦しいとき」は、誰にでも訪れる可能性のあることです。

苦しさを1人きりで抱えると、最悪なことを考えてしまうものです。たとえば、自殺もその一つ。わが国に「自殺者数3万人台」という数字が10年以上も続いているのは、そもそも日本人の意識の中に、「問題が起きたときに、他人に迷惑を掛けてはいけない」という強い思い込みがあるためではないでしょうか。

自殺により亡くなった1,000人の方の遺族等を調査し、その結果を分析した「自殺実態白書2008」(自殺対策支援センター ライフリンク)によると、自殺者1人あたり、平均4つの自殺危機要因を抱えていたことが分かりました。その危機要因全体のおよそ7割が、次の10の要因に集中していることも分かりました。

1. うつ病
2. 家族の不和(親子間+夫婦間+その他+離婚の悩み)
3. 負債(多重債務+連帯保証債務+住宅ローン+その他)
4. 身体疾患(腰痛+その他)
5. 生活苦(+将来生活への不安)
6. 職場の人間関係(+職場のいじめ)
7. 職場環境の変化(配置転換+昇進+降格+転職)
8. 失業(+就職失敗)
9. 事業不振(+倒産)
10. 過労

この調査では、こうした複数の危機要因(自殺者平均で4つ)が絡み合い、自殺へと追い込まれていくと分析されています。


追いつめられたとき、1人で答えを出すのが危険なわけ 

tsunagari2

1人きりで出す答えは、合理的でないことが多い

また、「もう死ぬしかない」と考えるほど、苦しさに追いつめられているとき、多くの場合には極端な信念から抜け出せない状態になっていると考えられます。

あくまでも一例ですが、配偶者を失って出口を見失う、ある妻の思いを例示してみましょう。

配偶者を失った

生活が苦しい、子どもの養育費が出せない

自分の問題を人に頼ってはいけない

貯金とパートでなんとか凌ぐしかない

貯えが尽きたら、もう死ぬしかないのだろうか…

このように「人に頼ってはいけない」という思いが、さらに「自分の力だけで切り抜けなければならない」という信念を生み、困難な事態になると「人に迷惑をかけないためにも、死ぬしかない」と、極端な信念に自分を追い込んでいくのではないでしょうか。

1人きりで考えていると、この信念が非常に強固になりやすく、抑うつ化も進んでしまいます。すると、「少し目線を変えれば他の選択肢もある」ということが分からなくなってしまうのです。

このように追いつめられた苦しさから抜け出すために必要なこと。それは、まず信頼でき、話を聴いてくれる人、そしてその問題に関する専門的な知識を持つ人や機関に「つながること」ではないでしょうか? 

次のページでは、具体的な「つながり先」についてお伝えしたいと思います。

更新日:2011年01月21日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    6

    この記事を共有する