湿疹・皮膚炎/ひび・あかぎれの基礎知識と対処

「ひび・あかぎれ」にはどう対処する?

冬の季節の多く見られる「ひび・あかぎれ」。赤く、ひび割れてしまった患部は、思わず目をそむけたくなるもの。その原因は冬の季節にありふれた肌の乾燥にあるのです。今回は「ひび・あかぎれ」を作らないための日常生活のコツや、出来てしまったときの対処法について解説します。

提供:田辺三菱製薬

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日常生活を送る上で何かとやっかいな「ひび・あかぎれ」。冬の季節にとくに多く見られる症状です。赤く、ひび割れてしまった患部は、思わず目をそむけたくなるもの。この見た目に痛々しい「ひび・あかぎれ」も、その原因は冬の季節にありふれた肌の乾燥にあるのです。今回は「ひび・あかぎれ」を作らないための日常生活のコツや、出来てしまったときの対処法について解説します。

「ひび・あかぎれ」ってどんなもの?

寒さや乾燥のますます厳しい季節になってきました。冬は、乾燥や痒みなどさまざまな皮膚トラブルに悩まされがち。なかでも日常生活に大きな支障をきたすトラブルに「ひび・あかぎれ」があります。「ひび・あかぎれ」とひとくくりにして呼ばれることが多いように、いずれも肌に亀裂の入った状態を指しますが、症状に応じて程度の軽い方を「ひび」、重い方を「あかぎれ」と呼んでいます。

角質層の脂質や水分が奪われ、肌表面の溝(みぞ)に沿って生じた亀裂が「ひび」。この状態がさらに悪化し、肌表面にとどまらず真皮層まで深く亀裂が生じてしまったものが「あかぎれ」です

角質層の脂質や水分が奪われ、肌表面の溝(みぞ)に沿って生じた亀裂が「ひび」。この状態がさらに悪化し、真皮層まで深く亀裂が生じてしまったものが「あかぎれ」です

冬になると手足の乾燥がひどくなり、カサついた状態になっているのを感じる方も多いでしょう(「冬の手荒れ・乾燥肌にどう対応する?」を参照)。こうした状態を改善しないでおくと角質層の脂質や水分が奪われ、肌表面の溝(みぞ)に沿って亀裂を生じることがあります。雨の降らない地域で土が水分を奪われ、ひび割れるのと同じ状態ですね。これが「ひび」の正体です。

この状態がさらに悪化し、肌表面にとどまらず真皮層まで深く亀裂が生じてしまったものを「あかぎれ」と言います。真皮層には血管があるため、亀裂部位から血がにじんで出てくる場合があります。肌が割れて赤く出血している状態は、見た目にも痛々しいものです。

「ひび・あかぎれ」が悩ましいのは見た目の問題だけではありません。「ひび」が生じると肌が赤くただれ、強い痒みを感じます。「あかぎれ」になるとピリピリとした痛みを伴うことも。そして日常生活においては、台所仕事や洗顔のたびに患部に水がしみたり、ちょっと指を動かしただけで傷口が開いて出血が繰り返されるなど、患者さんにとってはとても辛く、やっかいな症状なのです。

「ひび・あかぎれ」が出来るのはなぜ?

「ひび・あかぎれ」が冬場に多く見られるように、その原因はおもに、空気の乾燥や気温の低下といった環境に問題があります。冬は1年を通じてもっとも空気が乾燥する季節です。おまけに気温が下がって汗をかく機会が減るため、汗と皮脂が混ざりあって出来る「天然の保護クリーム」とも言うべき皮脂膜が作られにくくなります。

また、気温の低下によって血行が悪くなると、肌細胞に充分な栄養が行き渡らなくなります。すると肌は元気を失い、自身の力で肌細胞を再生し、亀裂を修復することが出来ない状態に陥ってしまいます。「ひび・あかぎれ」が体の末端にある手指や足、耳に出来やすいのは、こうした血行不良と関連しているためです。

2009年12月・All About調べ(n=52)※クリックすると拡大します

手荒れに悩む女性のおもな症状
(2009年12月・All About調べ・n=52)
※クリックすると拡大します

さらに「ひび・あかぎれ」が出来る原因は、生活習慣にもあります。毎日のように水仕事をする主婦の方や調理師、美容師・理容師などには、強い手荒れが見られる場合が多くあります(「主婦湿疹(手湿疹)はどう改善すべき?」を参照)。これは、繰り返しの水仕事や洗剤、シャンプーの使用によって皮脂や角質が落ち、肌を保護するバリア機能が低下して起こるものです。こうした手荒れがきっかけとなって、「ひび・あかぎれ」の症状を生じることもあります。

そもそも手は、肌のバリア機能を保護する皮脂腺の分泌が少ない(手のひらには無い)部位です。かわりに角質層が厚くなってバリア機能を補っているのですが、角質層が厚いと肌が再生するのに時間がかかるため、いったん手荒れを起こすと治りにくいという問題があります。「ひび・あかぎれ」がとくに手に多く見られるのは、こうした手の特徴も関わっています。

>>治りにくい「ひび・あかぎれ」はどうする?
 

※上記の内容は、執筆者または編集部が特定のサービス・商品などを保証するものではございません。

更新日:2012年10月22日

(公開日:2010年01月08日)

あわせて読みたい

    担当
    ガイド