ビジネスマナー/ビジネスマナーの基本知識

自己紹介で好印象を与えるポイント

4月は、新しい人間関係の中で仕事をする人も多いでしょう。第一印象を決める自己紹介の基本をご紹介します。1度の挨拶で、名前と顔を覚えてもらえる自己紹介とは?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
入社、転勤、担当者交替など、新しい人間関係の中で仕事を始める方も多いでしょう。今回は相手の印象に残るような自己紹介の仕方をご紹介しましょう。

覚えてもらえる自己紹介とは

第一印象を決定づける自己紹介では、挨拶をしっかりと

第一印象を決定づける自己紹介では、挨拶をしっかりと

ドキドキの初出社。まずは第一印象を決定づける、自己紹介をきちんとしたいですね。自己紹介は、あなたの第一印象が決まる大事な儀式。名前だけをボソっと伝えても、誰もあなたの顔と名前を覚えてはくれません。以下のポイントに気をつけましょう。

■気をつけたいポイント
  • 背筋を伸ばして、丁寧にお辞儀をします。
  • 口角を上げて、さわやかな笑顔で。
  • 相手が聞き取りやすいスピードを心がけ、語尾まできちんと話します。
  • 自分の名前や特徴、特技やエピソードなどを織り交ぜて話すと、印象に残りやすくなります。

基本的な自己紹介例

<例>
「こんにちは。はじめまして。美月あきこと申します。みづきは、よく『水』に樹木の『木』と間違えられるのですが、美しい月と書きます。芸名かとよく言われますが、残念ながら芸名ではありません(笑)。出身の○○県では、結構多い名前です。覚えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします」

■挨拶
こんにちは。はじめまして
→まず、呼びかけの挨拶です。笑顔を忘れないように。

■名前
美月あきこと申します。
→フルネームで言います。下の名前が一緒とか、珍しい名前など、名前から話題が広がることもありますよ。

■印象付ける言葉
みづきは、よく『水』に樹木の『木』と間違えられるのですが、美しい月と書きます。芸名かとよく言われますが、残念ながら芸名ではありません(笑)。出身の○○県では、結構多い名前です。覚えていただけると嬉しいです。
→印象に残るような言葉やエピソードを手短かに加えるだけで、覚えてもらいやすくなります。

■結び
よろしくお願いいたします。
→語尾まで、はっきりと。最後まできちんと話すことで、快活な印象を残せます。

次のページは、社内・社外、状況別自己紹介の例です。

更新日:2014年02月18日

(公開日:2010年02月07日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    13

    この記事を共有する