毎日のお助けレシピ/ガイドのおすすめ家庭料理

蒸し器で作る、本格的お赤飯のレシピ

おめでたい日のごちそうの代表格「お赤飯」を、蒸し器で蒸かして作ります。手間がかかりそうなイメージの強いお赤飯ですが、コツさえつかめば簡単です。次の祝日は、本格的なお赤飯でお祝いしましょうか。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
蒸し器で作る、本格的お赤飯のレシピ

所要時間:60分以上

カテゴリー:ご飯赤飯

 

本格派におすすめ!蒸し器で作るお赤飯

おめでたい日に欠かせないお赤飯ですが、「手作りするのは難しい」といったイメージがあるかと思います。でも、実際は、意外と簡単に作れます。今日は、蒸し器で蒸かして作る本格的なレシピを紹介します。祖母から母へ、母から娘の私へと、時代に沿って少しずつ改良を重ねながら、代々受け継がれてきた作り方です。お祭りや家族の誕生日や記念日などのおめでたい日には、手作りお赤飯でお祝いしましょう。

お赤飯の材料(4~5人分

赤飯
もち米 3合
あずき 1/3カップ
あずきの煮汁+水=400cc
小さじ1
砂糖 大さじ1~1.5
ごま またはゴマ塩 適量
赤飯をもっと赤く色付けしたい場合は、小豆の量を増やしてゆで汁の色を濃くする。その上で、余分な小豆は柔らかく煮て、他の料理に回す。

お赤飯の作り方・手順

赤飯作り

1:もち米をとぐ

もち米をとぐ
もち米をといでザルに上げる。
もち米は、といでから(6)で煮るまで、3時間以上とりたいので、逆算してとぐ。前夜、または半日前にといでザルに上げておいてもよい

2:小豆の5倍量の水を加える

小豆の5倍量の水を加える
小豆を洗って、小豆の5倍量の水を加えて火にかける。

3:八分通りの柔らかさにする

八分通りの柔らかさにする
八分通り柔らかくなるまでゆでる。
※あまり強火でガンガン煮ると、小豆の腹が割れて、見た目も縁起も悪いので、注意しながら煮る。豆の煮え具合は、1粒噛んでみて、堅いが食べられる位の食感。今日は28分間ゆでた。
煮立ったら、時々かき混ぜて小豆を空気に触れさせると、豆のツヤがよくなる

4:

煮汁と小豆にわける。

5:煮汁+水に米を浸す

煮汁+水に米を浸す
米を厚手の鍋にあけ、煮汁に水を足して400ccにして加え、2時間ほど浸しておく。

6:煮て水分を吸わせる

煮て水分を吸わせる
砂糖と塩を加えて火にかけ、煮立ってきたら木ベラで、鍋底をはがすようにやさしく混ぜながら強火で煮て、水分を全部、米に吸わせる。

粘りを出さないように静かに混ぜる

7:強火で蒸しあげる

強火で蒸しあげる
蒸し器の上段に、水でぬらした蒸し布を敷き、(6)をあけ、小豆をのせ、布で包むようにおおって、湯が煮立った下の鍋に重ね、蓋をして強火で30分~35分蒸す。

一段鍋を使う場合は、米を蒸し布で包んで、蒸気が上がった蒸し器に入れる

8:30分後、味見してみる

30分後、味見してみる
30分経ったら、つまんで食べてみる。少し堅いと感じたら、あと数分蒸す(今日は32分で蒸しあがり) 。蒸しあがったら、さっくり混ぜながら器に移し、ゴマをふる。


ガイドのワンポイントアドバイス

小豆のゆで加減は、1粒食べてみて、硬いが食べられる位の歯応えになればよしとします。小豆の品質によって、柔らかくなる時間に差が出ます。古豆なら30分程度水に浸けてからゆでるといいです。 米の量に対して、蒸し器が大き過ぎる場合は、米を蒸し器全体に薄く伸ばさずに、真ん中をこんもりと盛り上げて(米に高さを出すということ)入れた方が、ふっくら蒸しあがります。

更新日:2010年03月03日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    84

    この記事を共有する