確定申告/確定申告関連情報

訂正申告、確定申告は2度提出できる

申告書を提出したあとに、追加で医療費の領収書が・・といったケースな思いあたりませんか。3月15日までであれば、意外とカンタンに処理できますよ。詳細はコチラで。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正申告の実際の手続きは?


訂正申告といっても、訂正申告用の申告書を別途、税務署にもらいにいく必要はありません。
現在、提出している申告書と同一の様式に、新たに追加データを加えた正しい申告書を作成することになります。
したがって、訂正申告の作成といっても、特段、意識するとはなく、もともと本来「こちらの申告書が正しかったんだ」というものを作成するだけといえます。

訂正申告、提出上の注意点は?


ただし、実際、訂正申告を税務署に提出する際には注意が必要です。
それは申告書の上部に訂正申告と目立つように朱書きしておくということです。
また、訂正前の申告年月日と税額を余白に明記することになりますので、追加資料の露見によって、初回の申告とどこが相違したのかをチェックする必要がありますね。
また、その追加ででてきた資料は訂正申告に添付することは言うまでもありません。

3月15日を過ぎても訂正申告は受け付けてくれるの?

読んでも頭にはいらないこともある??
確定申告の受付期限は原則3月15日までですから、訂正申告扱いとなるのも3月15日までということとなります。
すでに確定申告をしていて「医療費控除の対象になりそうなものが追加で・・」でてきたなどの理由により、申告書に記載した還付金の金額が過小であった場合には、更正の請求という方法をとることになります。
更正の請求書の提出期限は確定申告書の提出期限から1年以内ですので、通常は翌年の3月15日までということになります。
ただし、更正の請求は申告書の様式がまったく異なります。
記載方法を調べるのが面倒なため「もう、や~めた」ということにもなりがちになってしまうので、訂正申告扱いのなかで処理したいものです。

3月15日を過ぎて、売上の計上漏れが発見された場合には


提出した確定申告書に売上の計上漏れが発見された場合には、通常、提出した申告書の税額が過少となっているはずです。こういった場合の修正方法は修正申告扱いとなります。
修正申告は税務調査等で更正を受ける前であれば、無期限で提出することができますし、税務調査によって更正を受けることを予知していたものでなければ、過少申告加算税は課税されず、また、無申告加算税も2/3減免されますので、売上の計上漏れなどで申告書の税額が過少となっている場合には検討してみてください。

更新日:2007年02月17日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する