労務管理 ガイド 小岩 和男

こいわ かずお

就業規則など社内諸規程作りのプロフェッショナル

人事労務コンサルタント・特定社会保険労務士。企業人時代を含め通算24年の人事コンサルを経験。一部上場企業から新設企業までを支援。セミナー講師、雑誌・書籍の執筆実績も多数。

得意分野

就業規則をはじめとする諸規則の整備・運用(法改正対応、企業独自のオリジナル規則集)
中高年齢者の人事賃金制度設計(社員の動機づけ、生涯賃金設計)

ガイド担当テーマ

ガイドからの挨拶

現在、企業や各種団体を取り巻く社会・経済情勢は、激動の時代です。急速な少子高齢化・雇用の流動化などで、旧来型の日本的雇用環境(年功序列・終身雇用など)が崩壊しています。こうした状況下だからこそ、「ヒト」の活力を最大限に活かした労務管理(イキイキ職場作り)をしていきたいものですね。企業の収益向上・社員のモチベーションUPは適切な労務管理から生まれるのです。

社員のキャリアを積極的に支援していく多様な仕組みを作り、それを実践していくことが大切です。私は、私鉄系不動産会社で営業マン時代を経て総務人事部門に異動後、グループ企業内の会社設立、合併、分割、出向、転籍、諸官庁との折衝などさまざまな応用問題を解決して参りました。開業後はその経験・実績を踏まえ、社員のモチベーションがUPする制度設計・運用方法のポイントを現場目線でお伝えしています。

また昨今は、人事労務分野を取り巻く労働関係法令の改正が続いています。法改正情報をタイムリーにお伝えするのと同時に、自社の制度にどう落とし込むのか、その対応法(リスクマネジメント)についてもお伝えします。本サイトをご活用いただき、会社も幸せ、社員も幸せ職場を作っていきましょう。会社と社員の間に信頼関係が芽生えた時、大きな力が湧きあがることでしょう。

メディア掲載実績

新聞産経新聞
特集「企業の防災マニュアル」
2011年12月22日

ガイドの新着記事

  • 在宅勤務制度導入時の労務管理はどうすればいい?

    在宅勤務制度導入時の労務管理はどうすればいい?

    情報通信技術の進歩により、ビジネス社会では勤務場所にとらわれない多様な働き方がより一層進んでいます。多様であるがために労務管理には留意が必要。国から公開されたガイドラインを基に適切な導入を図りましょう。

    掲載日:2018年09月17日労務管理
  • 副業・兼業を解禁する際、就業規則に記載すべきこと

    副業・兼業を解禁する際、就業規則に記載すべきこと

    昨今のビジネス社会のキーワードは「働き方改革」。副業・兼業を希望する社員は年々増加傾向にあります。容認する場合には、社内ルールを明確にしておかないとトラブルのもと。労働時間の把握や情報管理の徹底などに留意しつつ、国から公開されたガイドラインを参考に就業規則の改訂をしておきましょう。

    掲載日:2018年05月15日労務管理