労務管理 ガイド 小岩 和男

こいわ かずお

就業規則など社内諸規程作りのプロフェッショナル

人事労務コンサルタント・特定社会保険労務士。企業人時代を含め通算24年の人事コンサルを経験。一部上場企業から新設企業までを支援。セミナー講師、雑誌・書籍の執筆実績も多数。

得意分野

就業規則をはじめとする諸規則の整備・運用(法改正対応、企業独自のオリジナル規則集)
中高年齢者の人事賃金制度設計(社員の動機づけ、生涯賃金設計)

ガイド担当テーマ

ガイドからの挨拶

現在、企業や各種団体を取り巻く社会・経済情勢は、激動の時代です。急速な少子高齢化・雇用の流動化などで、旧来型の日本的雇用環境(年功序列・終身雇用など)が崩壊しています。こうした状況下だからこそ、「ヒト」の活力を最大限に活かした労務管理(イキイキ職場作り)をしていきたいものですね。企業の収益向上・社員のモチベーションUPは適切な労務管理から生まれるのです。

社員のキャリアを積極的に支援していく多様な仕組みを作り、それを実践していくことが大切です。私は、私鉄系不動産会社で営業マン時代を経て総務人事部門に異動後、グループ企業内の会社設立、合併、分割、出向、転籍、諸官庁との折衝などさまざまな応用問題を解決して参りました。開業後はその経験・実績を踏まえ、社員のモチベーションがUPする制度設計・運用方法のポイントを現場目線でお伝えしています。

また昨今は、人事労務分野を取り巻く労働関係法令の改正が続いています。法改正情報をタイムリーにお伝えするのと同時に、自社の制度にどう落とし込むのか、その対応法(リスクマネジメント)についてもお伝えします。本サイトをご活用いただき、会社も幸せ、社員も幸せ職場を作っていきましょう。会社と社員の間に信頼関係が芽生えた時、大きな力が湧きあがることでしょう。

メディア掲載実績

新聞産経新聞
特集「企業の防災マニュアル」
2011年12月22日

ガイドの新着記事

  • 社会保険に加入義務がある従業員の範囲とは?

    社会保険に加入義務がある従業員の範囲とは?

    企業が適用を受けている各種社会保険(社保)はそれぞれ加入要件が異なっているため、加入義務のある従業員の範囲も異なります。特に、非正規型従業員の加入については誤解が多いようです。平成28年10月、平成29年1月、平成29年4月の改正により、社会保険の加入対象が大きく広がっています。本記事で、加入者・非加入者の整理をしておきましょう。

    掲載日:2017年10月31日社会保険
  • 60歳以上必見!無期転換ルールの特例とは

    60歳以上必見!無期転換ルールの特例とは

    「無期転換ルール」(労働契約法)によって、「有期」労働契約が5年を超えて繰り返し更新された場合、労働者の申込みによって「無期」労働契約に転換されます。一方でこのルールの特例措置が、平成27年4月1日から「有期雇用特別措置法」により規定されているのをご存じでしょうか?これは定年退職後の継続雇用者についての労務管理に直結する内容です。本記事で確認しておきましょう。

    掲載日:2017年10月12日労務管理