酒井 将

暮らしの法律 ガイド 酒井 将

さかい すすむ

弁護士事務所 ベリーベストのパートナー弁護士。日本初の弁護士サービスの見積比較サイト「弁護士ドットコム」立ち上げメンバー。弁護士として法人顧問や債務整理、債権回収、交通事故、離婚、刑事弁護などに従事。難しい法律用語は極力使わないやわらかい解説を心がけています。TVやラジオ、雑誌などマスコミ出演多数。

ガイド記事一覧

  • 連れ子や愛人の子に相続権はある?

    連れ子や愛人の子に相続権はある?

    私は再婚ですが、前妻の連れ子がいます。また、私には愛人がいて、愛人との間に子どもがいます。連れ子や愛人の子は、私が死んだときに相続権はあるのでしょうか。

    掲載日:2010年08月23日暮らしの法律
  • ワークシェアリングって何ですか?

    ワークシェアリングって何ですか?

    最近、不況のせいかワークシェアリングという言葉を報道などでよく耳にします。わが社でも、導入を検討しようと思っているのですが、ワークシェアリングを導入するにあたって、注意するべきことを教えてください。

    掲載日:2010年07月28日暮らしの法律
  • 退職願いの撤回は可能か?

    退職願いの撤回は可能か?

    会社を辞めようと思って「退職願い」を部長に出したのですが、一晩よく考えて、やはり翻意することにしました。ところが、部長に撤回を申し出たら、もう手遅れだというのです。なんとかなりませんか?

    掲載日:2010年07月28日暮らしの法律
  • だまされて保証人になった場合でも払わないとダメ?

    だまされて保証人になった場合でも払わないとダメ?

    保証人は、主債務者が返済をしない場合、債権者から請求されてしまいます。したがって、気軽に保証人を引き受けることはやめましょう。資金繰りに窮した知人から、保証人になってほしいと頼まれたら、弁護士を紹介してあげるべきです。

    掲載日:2010年06月29日暮らしの法律
  • 契約社員が突然、契約を打ち切られたら?

    契約社員が突然、契約を打ち切られたら?

    契約社員が、契約を打ち切られることを雇い止めといいます。雇い止めが許されるかどうかについて、法律ではどうなっているのか見てみましょう。

    掲載日:2010年05月24日暮らしの法律
  • 法改正で残業代がアップするって本当?

    法改正で残業代がアップするって本当?

    2010年4月1日施行の改正労働基準法で、月60時間を超える残業代の割増率がアップしました。これは、わが国の労働者の残業時間がなかなか減らないことが社会問題となり、実行された改正であるといえます。具体的な内容と例外を紹介します。

    掲載日:2010年04月26日暮らしの法律
  • 運転免許証をなくしたらどうしたらよい?

    運転免許証をなくしたらどうしたらよい?

    運転免許証をなくしてしまった場合に、どのようにして再交付を受けたら良いのか。再交付を受けた後に、なくしてしまった免許証が見つかった場合にはどうすれば良いのか、等について解説します。

    掲載日:2010年04月26日暮らしの法律
  • 大家さんが家賃を上げると言ったらどうする?

    大家さんが家賃を上げると言ったらどうする?

    不景気なのに、大家さんが家賃を上げるなんて言い出したのです。近隣の相場と比較しても、高すぎると思います。家賃の値上げにはしたがわないといけないのでしょうか?

    掲載日:2010年03月17日暮らしの法律
  • 交通検問に応じる義務がないって本当?

    交通検問に応じる義務がないって本当?

    交通検問は任意捜査だから、応じる義務はないと聞いたことがあります。本当なら、飲酒運転の取り締まりなんかできないですよね。交通検問を突破したら、どうなるのでしょうか?大丈夫なのですか?

    掲載日:2010年03月10日暮らしの法律
  • 生前贈与が多いと相続できない?

    生前贈与が多いと相続できない?

    父が亡くなる以前に財産の贈与を受けていた場合、相続の際には、生前贈与の分も合算して相続がなされると聞きました。生前贈与を受けた金額が大きい場合には、逆に他の相続人に戻さなければならないということもあるのでしょうか。

    掲載日:2010年03月04日暮らしの法律