家づくりトレンド情報 ガイド 河名 紀子

かわな のりこ

ハウジングジャーナリストが、ライフスタイルからみた一戸建てのトレンド情報を解説。

得意分野

戸建注文住宅の業界動向分析・ウォッチング。女性・ママ・生活者ニーズと業界トレンドを組み合わせた分析・ウォッチング。

ガイドからの挨拶

皆さん、こんにちは。
「家づくりトレンド情報」ガイドの河名紀子です。
プロフィールまで読んでいただき、ありがとうございます。

私がハウジングジャーナリストとして独立した頃、ちょうど住宅業界は耐震偽装問題で大騒ぎでした。マンションだけでなく一戸建てにおいても、家づくりに不安を抱く消費者は少なくありませんでした。

家は一生にほぼ一度の大きな買い物。
にもかかわらず、情報を収集しようとすると、住宅企業をはじめ大量の情報が矢継ぎ早に押し寄せ、消費者が家づくりの知識を学んでゆっくり考える場と時間は決して多くないのが実情です。

しかも住宅の世界は、業界構造も技術革新も商品トレンドも、年々スピードを増して変化しています。

当サイトでは、主にはじめて一戸建てを建てようとする方々に向けて、膨大な情報の中から必要と思われるものを選び取って解説していきます。家づくりの基本知識や最新トピックスなどについて、専門家としてだけでなく、生活者・女性・妻・母の視点で分かりやすい情報を提供してまいります。

メディア掲載実績

雑誌おはよう奥さん
特集「1000万円以内でどんな家が建てられますか?」
2011年04月02日
雑誌日経トレンデイ
特集「賢く・お得にマイホーム」
2009年10月04日
新聞シティリビング
「今って買いどき?女性向けマンション最新事情」
2009年05月22日
雑誌住宅情報タウンズ
特集「子どもが伸びる家」
2009年04月15日
雑誌日経トレンディ
特集「住宅購入の条件がそろった!」
2009年04月02日

ガイドの新着記事

  • 民法改正~地震で契約済み住宅が滅失したら?

    民法改正~地震で契約済み住宅が滅失したら?

    最近、地震や豪雨など自然災害が多発しています。マイホームとして検討していた既存住宅(中古住宅)がもし、契約前後に滅失してしまったら、契約はどうなるのでしょうか? これに関する民法が実に民法制定以来120年ぶりに改正され、2017年6月9日に公布されました。既存住宅を買ってマイホームにしたいという人には決して無関係ではなく、民法は広く国民が知っておくべき法律でもあるなので、一部関係部分を紹介しましょう。

    掲載日:2017年08月20日中古住宅・中古一戸建て
  • 中古購入や買換検討者も知っておきたい宅建業法改正

    中古購入や買換検討者も知っておきたい宅建業法改正

    2016年から2017年にかけて、宅地建物取引業法の改正が相次いでいます。重要事項説明や媒介契約・インスペクションなど、マイホームを中古住宅購入でと考えている人や買い換えで自宅を売却しようと考えている人にとっては消費者でも知っておきたい内容です。ここでは最近の宅建業法改正のうち関係しそうな点について紹介します。

    掲載日:2017年08月15日中古住宅・中古一戸建て