レディースファッション ガイド 杉山 律子

すぎやま りつこ

パーソナルスタイリスト・一社スタイリストマスター認定協会代表理事

著書「クローゼットは3色でいい」、「ファッションの主役は1つ」は、両著とも翻訳出版になるなど累計5万部を超える。魅力を引き出すスタイリングには定評があり、協会主催のファッション講座には、年間のべ100名以上が参加。テレビ出演や雑誌媒体でのスタイリング、アパレルブランドとのコラボレーション多数。

得意分野

イメージの軸を見つけてベースカラーでコーデを組み立てる、誰もが簡単に取り入れられて毎日オシャレに!アイテムを「主役・脇役」と捉える独自のファッション理論に基づいた、着回せるワードローブ構築法の提案。

ガイドからの挨拶

「レディースファッション」ガイドを務める、パーソナルスタイリスト、一般社団法人 スタイリスタマスター認定協会 代表理事 杉山律子と申します。

私はパーソナルスタイリストとして、一般女性に向けたパーソナルスタイリングサービスや、自分らしくオシャレになるためのファッション講座の開催、個人向けスタイリスト(スタイリストマスター)の育成を行なっています。

多くの女性に、ファッションで自分らしさを表現してもらいたい、ファッションを通じて自信をもって生きていってもらいたい、そして、そんな女性たちに寄り添いオシャレへと導く人材を育てたい。そのような想いから、2018年5月、スタイリストマスター認定協会を設立いたしました。

年齢を重ねるうちにファッション迷子になってしまうことはよくあります。たくさん服を持っているのに着る服がない、お気に入りの服が何だか似合わなくなってきた、自分のオシャレに自信がなくなった、など……。

私は、オシャレになるために一番大切なのは、自分らしさの軸を見出すことだと考えます。トレンドの服を取り入れることよりも、毎日がその人らしい、そんな雰囲気の漂うスタイルが理想です。

ガイド記事では、自分らしさの軸となるイメージや、独自のファッション理論に基づいた色合わせ、また、簡単に取り入れられてオシャレに見えるコーディネートのコツなどについてわかりやすくご提案いたします。

ガイドの著書

ガイドの新着記事