いつものコーディネイトが「白」で見違える!

コーディネートで一番目を引く「色合わせ」。素敵なアイテムばかりでコーディネートしているにもかかわらず、ごちゃごちゃして見えたり、地味になってしまったり、実は色合わせで損をしていることも少なくありません。
 

そんなときこそ「コーディネートのどこかに白」を意識してみてください。すべての色に合う「白」を取り入れることでパッと垢抜けた印象になりますよ。
 

トップスかボトムス、メインアイテムのどちらかを白に

トップスかボトムスを白にすることで、簡単にまとまるコーディネートに

トップスかボトムスを白にすることで、簡単にまとまるコーディネートに

グレーやベージュなどの落ち着いたニュアンスカラーは、柔らかな雰囲気でお仕事スタイルにも取り入れやすいもの。赤みがかったトープや黄みがかったグレージュなど、いろんな色のニュアンスカラーアイテムをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

ここでついやってしまいがちなコーディネートが、グレーとグレージュのような色味の違うニュアンスカラーをトップスとボトムスで繋いでしまうこと。ひとつひとつは素敵な色なのに、となり合わせになることで色同士が足を引っ張りあってしまうんです。

こんなときこそ、どちらかを「白」に変えてみてください。スッキリした、まとまりあるコーディネートになります。

またアクセントカラーなど、色を際立たせたいときにも「白」合わせは効果的です。
 

バッグや靴など小物を白に

エコバッグとスニーカーをセット使いに。白のクラッチバッグも効果的

エコバッグとスニーカーをセット使いに。白のクラッチバッグも効果的

ダークカラーのワンピースやモノトーンコーデなど、全身が暗めの色になる場合には、バッグや靴を白に変えることもおすすめ。コーディネートにメリハリが出て、一気に垢抜けます。

また、カジュアルな日なら、白いエコバッグとスニーカーのセット使いも素敵です。エコバッグのロゴも十分なアクセントになりますので、ぜひお気に入りの一点を見つけてくださいね。

同じ白でも、生成りやオフホワイト、アイボリーなど色味は様々。スニーカーとセットで使うときは、白の色味を合わせるとまとまりがでます。白は太って見える……と敬遠しがちだった方には、オフホワイトやアイボリーより真っ白がおすすめ。膨張せずスッキリした印象になりますよ。
 

ワンポイントで白を効かせる

胸元やトップスの裾から白をのぞかせたり、インナーを白にすることで抜け感が

胸元やトップスの裾から白をのぞかせたり、インナーを白にすることで抜け感が

ダークカラーのトップスやアウターで顔がくすんで見える場合にも白は有効! 胸元に白のタンクトップをのぞかせたり、クルーネックの首元から白シャツや白Tシャツなどをちらっと見せます。このように白を意識的に使うことでコーディネートはぐっとランクアップするものです。

難易度は上がりますが、トップスの裾から白シャツや白Tシャツをのぞかせてみるのも、トップスとボトムスの色を分断し、メリハリをつけるのに効果的です。

どんな色にも、どんな人にも合う「白」。コーディネートに白を取り入れて、まとまりあるワンランク上のスタイルを目指してくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。