大人が買うべきデニムの条件!?

「RED CARD」のほか、「upper hights」もおすすめブランドのひとつ。

前面が色落ちしたデニムは「RED CARD」のもの。柔らかくてはき心地もいい一本

みなさんは、普段どんな基準でデニムパンツ(以下、デニム)を選んでいますか? 色、ライン(デザイン)、動きやすさ、ブランド、トレンド、予算……さまざまな選び方があると思いますが、どうせならスタイルアップできるデニムを選んでみませんか。

下半身が気になる大人女性の味方になってくれる、細見えデニムの選び方をご紹介していきます。

 

デニムの「色落ち」で細く見せる

デニム

選ぶ色によって印象は大きく変わる

デニムで一番イメージしやすいのは、ブルーデニムでしょう。ほかにもカラーデニムはいろいろな色味がありますが、大人女性がはきやすい色でいうと、ブルーのほかはホワイト、ブラック、グレーあたりでしょうか。

デニムのデザインや全身コーデのバランスにもよるので一概には言い切れませんが、そういったベーシックな色味のなかで細見え効果の高いものを左から順に並べてみました。

ブラック>>濃いブルー>>ホワイト>>グレー>>淡いブルー

「やっぱりブラックが一番!」と納得される方も多いと思いますが、実は、ブラック以上に着痩せ効果の高いものがあるんです。

それはズバリ、「前面」が色落ちしたもの! はき込んで馴染んでいく過程で、自然な色落ちを楽しむことができるデニム。最近では、初めから色落ちした風合いのものもずいぶんと増えてきました。

一見どれも同じように見える色落ちデニムのなかでも、細見え効果が期待できるのは、太ももの前面だけ色が薄くなっている落ち方のもの。太もものサイドの濃い色と、薄くなった前面との対比にシャドー効果があり、脚をほっそり見せてくれるんです。これは自然な色落ちでは作れない……色落ち感、侮れません!

 

ちょいゆるデニムで体型カバー

ほっそりしたスキニーからワイドまで、ラインも様々なデニム。脚が細く見えるように細身のデニムを選んだつもりが、はいてみるとなんだかむっちり見えてしまった……そんな経験はありませんか。

実はそのむっちり感こそ、太って見える原因なんです。デニムと脚の間には、適度な隙間を意識することが重要です。具体的なポイントは、デニムをはいたときに、太ももの後ろ側に横ジワが入らないサイズ感であること。

適度な隙間のある、ちょいゆるのガールフレンドデニムは、こなれ感もでるおすすめのライン。大人体型を上手にカバーしてくれますよ。

身体のラインを拾わないというと、ワイドデニムですが、実は意外と着こなしの難易度が高いアイテムなんです。取り入れたい場合は、トップスとのバランスを意識するといいでしょう。

 

ロールアップせずに縦長効果を狙う

最近では、デニムの裾にもいろいろなバリエーションが出てきました。カットオフされたデニムや、生地がほつれたようなものなど、裾までもがデザインの一部になってきたように思います。

長めのデニムの裾を、ロールアップして長さを調節するというよりは、はきたい丈感のデニムを選べる時代。そんなニーズに応えてくれる、デニムの種類もずいぶんと増えてきました。

足元で厚く折り返されたデニムの裾というのは、コーデ全体で見たとき、思いのほか主張してしまうもの。何度もロールアップしなければならないほど、丈の調節が必要なデニムは、いっそ裾上げしてしまうのもアリ。ロールアップすることなくジャストな長さではくと、足元がすっきりして脚長効果が狙えます。

細身のデニムならくるぶし丈、ワイドデニムなら靴を履いたときに床から3cm程度だと、バランスがとりやすいでしょう。ぜひ、自分にぴったりの丈を見つけてくださいね。


いかがでしたでしょうか。色落ちやサイズ、丈感にもこだわることで、デニムでもスタイルアップは叶うんです。ぜひ、自分にベストな一本を探してみてください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。