あなたに似合う白シャツは?

白シャツ

一口に「白シャツ」といえど、選ぶアイテム、コーデ次第できれいめにもカジュアルにも◎

おしゃれの基本アイテム、「白シャツ」。ですが、購入してみたものの、なんだかしっくりこなかった……そんな経験はありませんか?

シンプルがゆえ、どう着こなせばいいのかわからないまま、クローゼットで眠らせているという方も多いかもしれません。
 

一口に白シャツといっても、実は大きく以下4つのタイプに分かれます。それぞれ、どんなイメージの方におすすめなのかと、着こなしのポイントを書いてみました。ぜひ自分のイメージに合った白シャツを見つけてみてくださいね。

 

1. かっちりした白シャツ

白シャツ

かっちりした白シャツはテーパードパンツと好相性。パンプスで女らしさをとりいれて

ハリのあるコットン地の白シャツは、きっちりアイロンがけをして着たいアイテム。襟を立ててトラッドに着たり、首元までボタンを留めたモードな印象も素敵です。

素材の持ち味を生かして、ボトムスにはすべてを入れるか出すかのどちらかが理想。少し遊びをもたせたい時は、ボトムスにインした後に、一旦両手を上げて下ろしてみてください。ちょうどいい感じにブラウジングできます。

おすすめタイプ:マニッシュやモードなイメージの方

 

2. きれいめの白シャツ

柔らかい素材のシャツは、長め丈ワイドパンツとのバランスが絶妙。上品さを意識して

柔らかい素材のシャツは、長め丈ワイドパンツとのバランスが絶妙。上品さを意識して

シルクなどとろみのある素材や、コットンでも薄地のローン素材などの柔らかな白シャツは、きれいめに女らしく着こなしたいアイテム。40代の女性が、普通に着て一番サマになるのがこのタイプでしょう。というのも、きれいめのシャツの方が「品」を足してくれるから。コットンなど柔らかい素材の白シャツなら、お仕事感もでないのでぴったりかと思います。
 

首元のボタンを外して都会的な印象にしたり、ボタンをすべて留めて、凛としたクラシックに着こなすのもおすすめ。ボトムスにすべてインして、たっぷりと弛ませて着ると、より女らしい雰囲気になります。

おすすめタイプ:エレガントやソフィスティケイト、クラシックなイメージの方

 

3. ほっこりした白シャツ

ほっこりナチュラルなシャツは、ボリュームのあるボトムスと。ローファーやレースアップシューズがおすすめ

ほっこりナチュラルなシャツは、ボリュームのあるボトムスと。ローファーやレースアップシューズがおすすめ

コットン地でも、洗いざらしで着るタイプの白シャツは、ぜひナチュラルな雰囲気で着こなしたいもの。ざっくりした風合いが魅力の地厚のものも多く、バンドカラーは首元まで留めて着るのがおすすめです。

シャツの裾はボトムスにインせず、ぜひオーバーでゆったり着こなしてくださいね。

おすすめタイプ:ナチュラルなイメージの方

 

4. カジュアルな白シャツ 

リネンシャツにデニムを合わせてカジュアルに。小物で遊ぶとこなれ感がでます

リネンシャツにデニムを合わせてカジュアルに。小物で遊ぶとこなれ感がでます

リネンのようなシャリ感のある白シャツは、ボタンを深めに開けて腕をまくったり、ボトムスにタックインしたり、ぜひアレンジして着こなしたいアイテム。

アレンジがマストな分、実は少し着こなしが難しい上級者向けのアイテムとも言えます。おしゃれに自信をつけてからチャレンジしてみてください。

ボトムスにタックインする場合は、センターから少しずらしてみて。よりこなれ感がでます。

おすすめタイプ:おしゃれ上級者
 

いかがでしたでしょうか。白シャツといっても種類は様々。白シャツを素敵に着こなすコツは、自分らしい白シャツを選ぶことから。似合う白シャツを見つけて、素敵に着こなしてくださいね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。