井戸 美枝

マネープラン・もらえるお金 ガイド 井戸 美枝

いど みえ

身近な経済問題を分かりやすく解説!もらえるお金の情報も紹介

CFP、社会保険労務士。神戸市生まれ。
社会保障審議会企業年金部会委員。
経済エッセイストとして活動し、人生の神髄はシンプルライフにあると信じる。

ガイド記事一覧

  • 個人型確定拠出年金【iDeCo】確定申告をお忘れなく

    個人型確定拠出年金【iDeCo】確定申告をお忘れなく

    年末調整と確定申告の時期ですね。いま話題の「iDeCo」こと「確定拠出年金」の個人型に加入されている方は、年末調整や確定申告をお忘れなく。税金が安くなります。

    掲載日:2018年01月05日マネープラン
  • ボーナスの無い家庭はどうする?家計のやりくり方法

    ボーナスの無い家庭はどうする?家計のやりくり方法

    ボーナスの支給は法律で定められているわけではありません。企業の業績によっては支給されないこともあり得ます。また、派遣・契約社員やパートの方には、ボーナスがないケースも多いのではないでしょうか。ボーナスをあてにせず、家計をやりくりするためには、収入と支出をきちんと把握することが大切です。くわしく見てみましょう。

    掲載日:2017年12月08日マネープラン
  • 海外の医療費はずっと高額!海外旅行中の入院はいくら

    海外の医療費はずっと高額!海外旅行中の入院はいくら

    海外の医療事情は日本と異なります。高額な医療費を請求されるケースも珍しくありません。急な発熱やケガなどでいざというときに困らないために、アメリカや中国、イギリスの医療費の目安はどのぐらいか予備知識を身に付けておきましょう。

    掲載日:2017年11月28日マネープラン
  • 海外で病気やケガをしたら?海外での医療費をチェック

    海外で病気やケガをしたら?海外での医療費をチェック

    海外旅行中は何も起こらないのが1番ですが、万が一病気やケガをしてしまい、病院で治療を受けなければならなくなった… そんなとき、医療費はどうなるのでしょうか。いくらかかり、日本の健康保険は適用されるのでしょうか?

    掲載日:2017年11月27日家計簿・家計管理
  • 対象者増!確定拠出年金をマネープランに取り入れる

    対象者増!確定拠出年金をマネープランに取り入れる

    厚生労働省の「厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、平成25年の年金受給額の平均は、国民年金が5.5万円、厚生年金が14.7万円でした(月額)。これらの公的年金に上乗せできる「確定拠出年金」という制度があることはご存知でしょうか。くわしくみてみましょう。

    掲載日:2017年11月27日マネープラン
  • 年収500万円の会社員、社会保険料はいくら【2017年】

    年収500万円の会社員、社会保険料はいくら【2017年】

    会社に勤めている人は、毎月のお給料から社会保険料が引かれていることをご存知でしょうか?決して少なくない金額の社会保険料。これらは、一体どのようにして決められているのでしょう。年収500万円の会社員の場合を見てみましょう。

    掲載日:2017年11月17日マネープラン
  • 1000万円貯金を目指すマネープランのヒント

    1000万円貯金を目指すマネープランのヒント

    1000万円。数字だけを見ると、とても手に届かない金額に思えます。毎月少しずつ貯金していくことで、実際に貯めることが可能な金額だと私は考えています。高齢化が進み、社会保障費が膨らむ日本。見通しは明るいとは言えません。もしもの時に備えて、将来の自分が困らないように今から準備しておきませんか?

    掲載日:2017年11月17日マネープラン
  • 見直すと効果的な支出は?貯金をもっと増やす方法

    見直すと効果的な支出は?貯金をもっと増やす方法

    収入は同じでも、家計を上手にやりくりすれば生活スタイルは変わります。家計のやりくりには、いくつかのポイントがあります。それをふまえて、いかにお金とつき合っていくかを自分なりに考えてみましょう。

    掲載日:2017年11月10日マネープラン
  • 誰でも1000万円貯金を目指せる家計見直し術

    誰でも1000万円貯金を目指せる家計見直し術

    貯金の基本は「支出を見直すこと」です。特に見直したいのが光熱費と通信費です。年間24万円の削減効果があることも。

    掲載日:2017年11月10日マネープラン
  • 身近な人が弱ってきたら確認しておきたい相続のこと

    身近な人が弱ってきたら確認しておきたい相続のこと

    高齢化が進む日本。親の体調が心配な人も多いのではないでしょうか。考えたくないことですが、親が病気になったり、亡くなったときには、本人の意思や希望に沿って治療や遺産の整理などを進めたいですよね。元気なうちに「相続」についても聞いておきたいところです。

    掲載日:2017年10月26日相続・相続税