松井 政就

社会ニュース ガイド 松井 政就

マツイ マサナリ

作家。
政治、文化芸術、スポーツ、エンタインメント分野の記者、事業プランナー、国会議員のスピーチライター。

ガイド記事一覧

  • カジノ合法化についての大きな誤解

    カジノ合法化についての大きな誤解

    超党派の国会議員で構成される国際観光産業振興議員連盟(通称「カジノ議連」)が提出した「カジノ推進法案」が審議されはじめたことで二つの動きが活発になっている。一つはカジノ関連産業に参入しようとする企業の動きだが、もう一つはカジノ解禁を阻止しようという反対者の動き。彼らはカジノによりギャンブル依存症や犯罪が増え、闇社会にお金が流れるというが、本当にそうだろうか。

    掲載日:2014年07月01日社会ニュース
  • 政府がカジノ解禁に動き出した理由

    政府がカジノ解禁に動き出した理由

    日本におけるカジノ解禁を進めるため、超党派の国会議員により提出されていた「カジノ推進法案」が、先の国会の会期ギリギリで審議入りした。今後は秋の国会で継続審議され、可決されれば2020年東京五輪に間に合うよう、カジノ設置に向けた具体的作業が進められることとなる。カジノ解禁は日本におけるかつてない大事業。今後何回かに分けて触れていく。

    掲載日:2014年06月25日社会ニュース
  • たかが見かけ、されど見かけ~印象が信用に与える影響

    たかが見かけ、されど見かけ~印象が信用に与える影響

    ドイツのメルケル首相がダイエットに成功したと欧米メディアが報じている。彼女の場合、スキーで負傷したのをきっかけに、あくまで健康のためにと主治医から薦められたものだが、ドイツをはじめ欧米社会では、他人の体型や見かけを口にするのはタブーとされる。その一方で、「肥満」は「喫煙」とならび、ビジネスでの信用に悪影響を及ぼすことも知られている。

    掲載日:2014年06月23日社会ニュース
  • 「不良社員」は不必要か?

    「不良社員」は不必要か?

    政府は働く時間を自己裁量とする代わりに残業代を支払わないことを骨子とする「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入を決めた。人件費削減したい企業により、これまでも様々な雇用形態が考えられたが、その目的は極論すれば「働かない社員の排除」だ。しかし「働かない社員」の見極めは難しい。本当に働いていない社員もいる一方、働いてないように見えながら重要な役割を果たしている社員がいることもあるのだ。

    掲載日:2014年06月13日社会ニュース
  • 「体にいい」は本当に体にいいのか?

    「体にいい」は本当に体にいいのか?

    政府は成長戦略の一環として、トクホ(特定保健用食品)や栄養機能食品に続く「食品の新たな機能性表示制度」を来春から導入することを決めた。これは、食品に含まれる成分がどのように体にいいかという機能性表示を「食品全般」に拡大するもので、世界的に例がない。しかもこの仕組みでは企業の自己責任で機能性を表示できる。どこかに落とし穴はないのだろうか。

    掲載日:2014年06月06日社会ニュース
  • AKB商法を見直す時期が来たのかもしれない

    AKB商法を見直す時期が来たのかもしれない

    AKB48の握手会でメンバー2名が襲われる事件が起きた。命にかかわるものでなかったのが何より幸いだが、今はストーカー事件などがあとを絶たない時代。アイドルとファンが直接会うことに対する危険性については以前から指摘されてきたが、AKB48はこうしたイベントへの参加券や選抜総選挙の投票券目当てにCD売り上げを伸ばしてきたのも事実。AKB商法と呼ばれるビジネスモデルにも見直すべき時が来たのかもしれない。

    掲載日:2014年05月30日社会ニュース
  • 「浅田真央」という名のミロのヴィーナス

    「浅田真央」という名のミロのヴィーナス

    フィギュアスケート女子シングルの浅田真央選手が来シーズンの休養を宣言した。5歳からスケート一色だった彼女にとって完全休養は人生初だが、ファンにとっても初めて迎える浅田真央のいないシーズンとなる。

    掲載日:2014年05月21日社会ニュース
  • ASKAのCD・DVDの回収は正しい判断か?

    ASKAのCD・DVDの回収は正しい判断か?

    ミュージシャン・チャゲ&飛鳥のASKA容疑者が覚醒剤所持の疑いで逮捕された。ミュージシャンが禁止薬物に手を出してしまう事件はこれまでにも起きているが、そのたびに行われるのが作品の回収と出荷停止だ。今回の事件もすでにCDやDVD等の回収が行われている。なぜいつも当たり前のように回収や出荷停止が行われるのか。その判断は正しいのだろうか。

    掲載日:2014年05月20日社会ニュース
  • 「美味しんぼ」が起こした やむにやまれぬ問題提起

    「美味しんぼ」が起こした やむにやまれぬ問題提起

    人気漫画「美味しんぼ」で福島県における深刻な放射能汚染が描かれた件。2年かけて現地を取材した内容を描いているという作者に対し、描かれた内容が事実と異なり風評被害を生むとして抗議の姿勢をとっている福島県知事。当事者が抗議するのは当然だが、政府高官までが問題に言及するなど事態は拡大するばかり。果たして「表現の自由」なのかまたは「風評被害を生む迷惑行為」なのか。意見は真っ二つに分かれている。

    掲載日:2014年05月13日社会ニュース
  • 人はなぜ高橋大輔に魅了されるのか

    人はなぜ高橋大輔に魅了されるのか

    先シーズン限りで引退すると見られていたフィギュアスケートの高橋大輔選手が一年間の休養を宣言。競技会でまた彼の演技を見られる可能性が残り、喜ぶファンの声が絶えない。あまたいる選手の中でも、高橋選手はとりわけファン層が厚く国籍も問わない。なぜ彼の演技は見る人の心をつかみ、魅了するのか。それは比類なき彼の芸術性にある。

    掲載日:2014年04月30日社会ニュース