松井 政就

社会ニュース ガイド 松井 政就

マツイ マサナリ

作家。
政治、文化芸術、スポーツ、エンタインメント分野の記者、事業プランナー、国会議員のスピーチライター。

ガイド記事一覧

  • 高橋大輔が人々に与えてくれたもの

    高橋大輔が人々に与えてくれたもの

    いつかその日が来ることは知りながら、世界中のフィギュアファンが迎えたくなかった日がついに訪れた。フィギュアスケートの高橋大輔選手が現役を引退した。世界中のファンは、これから高橋大輔のいない冬を迎えることになる。

    掲載日:2014年10月20日社会ニュース
  • 日本の馬はなぜ凱旋門賞を勝てないのか?

    日本の馬はなぜ凱旋門賞を勝てないのか?

    競馬ファンのみならず、日本中の期待を背負って凱旋門賞に出走した日本の最強馬3頭が惨敗を喫した。これまで2年続けてオルフェーヴルが2着に健闘していただけに、今年こそはと期待されたが、結果は勝ち馬の影さえ踏めぬ大敗だった。ドバイのG1では何頭もの日本馬が優勝しているが、なぜ凱旋門賞は勝てないのか。その鍵はフランス競馬の正体にある。

    掲載日:2014年10月07日社会ニュース
  • ウォッチ型端末でアップルは新機軸を打ち出せるか?

    ウォッチ型端末でアップルは新機軸を打ち出せるか?

    アップルコンピュータの新型iPhoneには、発売前から今回も長蛇の列が出来た。これを見る限りアップル人気は健在だが、一方で慎重に見極めたい展開もある。すでに発表された腕時計型の端末「アップルウォッチ」だ。腕時計型端末は「苦しい時の腕時計型」とも言われ、AVあるいはIT企業にとってアイデアが枯れた時に苦し紛れに出されてきた面もあるからだ。果たしてアップルは新機軸を打ち出せるのか?

    掲載日:2014年09月24日社会ニュース
  • スコットランド独立機運を加速させたものとは

    スコットランド独立機運を加速させたものとは

    グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)が、一角をなすスコットランドの独立を巡り揺れている。独立かイギリスにとどまるかは9月18日に行われる住民投票で決定されるが、もし独立となればその影響はスコットランドとイギリスとの関係だけにとどまらず、分離独立問題を抱えるスペインなど他国に飛び火する可能性もある。

    掲載日:2014年09月17日社会ニュース
  • 厚労省「日本人のカジノ利用禁止」に隠された真の狙い

    厚労省「日本人のカジノ利用禁止」に隠された真の狙い

    日本版カジノ解禁の動きが高まる中、衝撃的なニュースが駆け巡った。厚生労働省が、日本版カジノにおいて、日本人の利用を認めないよう政府や関係省庁に対して働きかけていく方針が明らかとなったのだ。ギャンブル依存症患者が増加する懸念がその理由とされるが、その裏にはまったく異なる、別の思惑が隠されていることに気づかなくてはならない。それは日本参入を目論む外資カジノ企業への痛烈な「ブラフ」である。

    掲載日:2014年08月27日社会ニュース
  • 理研・笹井氏を死に追いやった日本社会の過ち

    理研・笹井氏を死に追いやった日本社会の過ち

    日本のみならず世界に衝撃を与えた理化学研究所CDBセンター笹井芳樹副センター長の自殺。彼の死は、単なる一人の人間の死として扱ってよいものではない。なぜならそれは自殺という形を取りながらも、実際は、死なせてはならない人を日本社会が死に追いやったに等しい死だったからだ。しかし彼の死後もその点が全く俎上に上がらない。その異常さを考えてみる。

    掲載日:2014年08月11日社会ニュース
  • 上場を予定しているLINEは本当に信用できるのか?

    上場を予定しているLINEは本当に信用できるのか?

    近く株式上場を予定するなど人気のLINEだが、従来よりアプリが個人情報を吸い上げることに不安を訴えているユーザーも多い。最近はアカウント乗っ取りによる詐欺事件などが起き、セキュリティの問題も指摘されている。便利な反面不安点もあるLINEだが、どこまで信用できるのか、注意点はどこにあるのか。

    掲載日:2014年08月07日社会ニュース
  • 日本版カジノは民設民営の新しい概念への挑戦

    日本版カジノは民設民営の新しい概念への挑戦

    10年以上前から検討されながら進まなかったカジノ計画が、統合型リゾート(IR)計画として整備され、改めて推進されることとなっている。ビジットジャパンキャンペーンにクールジャパン戦略など、日本の魅力を知ってもらうための施策はあるが、とりわけカジノを含むIRは日本の総合力が試される事業。その鍵は「民営」が握る。

    掲載日:2014年07月30日社会ニュース
  • ベネッセ情報漏洩は日本の誤ったリストラが生んだ必然

    ベネッセ情報漏洩は日本の誤ったリストラが生んだ必然

    ベネッセの顧客情報を名簿業者に転売したとして、データ管理を委託されていた外部業者で働く派遣社員エンジニアが逮捕された事件。その後メディアにより、情報管理体制が問題視されたものの、本質的な問題が指摘されないまま事態が収束に向かっている。しかし今回の事件は一企業の情報漏洩事件などではない。日本に蔓延する「誤ったリストラ」が生んだ必然的な事件なのだ。

    掲載日:2014年07月28日社会ニュース
  • 世論操作はこうして行われる

    世論操作はこうして行われる

    安倍政権が憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使が可能であると閣議決定したことに対し、報道各社が世論調査を行った。その結果はバラバラで、社によってはまるで正反対の結果が出ている。これについて調査対象を意図的に選んでいるのではないかという声も出ているが、そうではない。調査に初歩的な手法を加えることで、結果を意図的に導くことができるからだ。

    掲載日:2014年07月04日社会ニュース