歌舞伎 ガイド 堀越 一寿

ほりこし かずひさ

歌舞伎の舞台を観劇すること2000回以上。歌舞伎の演技途中に客席からかかる掛け声「大向う(おおむこう)」を担っている。

得意分野

歌舞伎

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数30
メディア掲載実績2
執筆書籍数2

ガイドからの挨拶

はじめまして。このたび歌舞伎のガイドをつとめることになった堀越と申します。

まずは簡単に自己紹介を。

歌舞伎では演技の途中に客席から「中村屋!」「成田屋!」「待ってました!」などの掛け声がかかります。
その掛け声や、声を掛ける人を「大向う(おおむこう)」と呼びますが、私はその「大向う」をしています。

劇場に通うこと、年間100日以上。
これまでに2000回以上、歌舞伎の舞台を見てきました。

大向うは歌舞伎を400年以上の長きにわたって支えてきた大衆が生んだ“観客の文化”です。その、大向うならではの「楽しむための目線」で歌舞伎をご紹介していきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。
さあ、はじめましょう。

メディア掲載実績

テレビTBS「ビビット」
<カトシゲのTOKYO今昔写真館>東京東銀座
2017年09月22日
新聞聖教新聞
あすなび 歌舞伎を楽しもう
2016年11月05日

ガイドの新着記事

  • 江戸時代のお金の価値~百両っていくら?

    江戸時代のお金の価値~百両っていくら?

    歌舞伎や大河ドラマを見ていて、いまの私たちが気になることに「時間」と「お金」のことがあります。江戸の人にとっては、ごく当たり前の感覚が、いまの私たちにはわかりません。しかし、この最も基本的な感覚がある程度直感的にわかるようになると、お芝居の面白さが違ってきます。

    掲載日:2018年01月26日歌舞伎
  • 「見得」の意味とは?知っておきたい歌舞伎のルール

    「見得」の意味とは?知っておきたい歌舞伎のルール

    歌舞伎を見ていると、効果音に合わせて役者が身体の動きを止め、首を回すように振って最後にグィッとにらんで静止する、いわゆる「見得」というのが気になるのではないでしょうか。場面や芝居によって数々の工夫がありますが中でも特別なのが「ニラミ」で、現在であれば海老蔵のみができる表情です。本稿ではこうした色々な見得に関するお話をいたします。【図解付き】

    掲載日:2017年01月05日歌舞伎