長屋 美保

メキシコ ガイド 長屋 美保

ながや みほ

首都メキシコシティ在住のフリーライターが、現地発信だからこそ伝えられる情報や、旅のヒントを教えます。

ガイドからの挨拶

今も息づく先住民文化と、ヨーロッパの文化が入り混じり、複雑な歴史と魅力が詰まった国、メキシコ。手仕事により生まれる民芸品の美しさや華やかさ、市場の騒音と活気は、訪れる人の心に栄養を与えてくれます。モダン建築の鬼才ルイス・バラガンやフリーダ・カーロのような偉大なシュールレアリズム画家が生まれ、巨匠ルイス・ブニュエルが傑作映画を生み出した土地でもあります。そう、まさにインスピレーションの宝庫なのです!エミリアーノ・サパタが民衆のためにラテンアメリカで初めての革命を1910年に起こし、その信念や思想が生き続けるこの国では、現在も問題は山積みだけど、不可能だろうとか、失敗すると決めつけないで「何事もまず、やってみる」という人々の心意気を感じるのです。ぴりっと辛く、奥深い味を醸し出すメキシコ料理のように知れば知るほどハマってしまう、この国の楽しみ方を提案していきます。Vamos!(さあ、行こう!)

経歴・バックグラウンド

外資系CD店のバイヤーを経て、2000年頃よりチカーノ(米国系メキシコ人)文化を扱う音楽会社ミュージックキャンプに勤務。そのかたわらライターとして雑誌に寄稿し始める。

NHKラジオ・スペイン語講座初級を3年聞き続けて習得したおおむねなスペイン語を本格的にすべく、2007年よりメキシコ国立自治大学付属語学学校に通い、2008年に修了。現在、メキシコシティ在住。

スタジオボイス2009年3月号のラテンアメリカ特集では企画段階から関わり、 メキシコのオルタナティヴ文化の記事を多数執筆。

そのほか寄稿した媒体は、『週刊朝日』『翼の王国』『マリ・クレール』『CDジャーナル』『イントキシケイト』『バウンス』『プレミア』『ソトコト』といった雑誌から、音楽ムック、ラテンCD の解説、映画、コンサートのパンフレットまで多岐に渡る。現在は以下のような業務を請け負っている。

  • 日本のメディアへの執筆(世界の音楽情報誌:LATINAや、web音楽メディア:ele-king、アルコール飲料・バー営業者向けweb:DRINK PLANET)
  • NHKやJ-WAVEといった日本のラジオ局での番組出演。
  • 日本企業向けメキシコ市場リサーチ。翻訳
  • 日本メディア向けの現地取材コーディネイトと通訳(過去にマガジンハウスPOPEYEのメキシコ特集、翼の王国、ソトコト、日経トレンディなどを担当)さらに、執筆を担当することもある。


 

ホームページ・運営サイト