楯岡 悟朗

土地活用・不動産査定 ガイド 楯岡 悟朗

たておか ごろう

オーナーの利益を最優先する不動産活用コンサルタント

大手の不動産会社では解決しにくい、不動産オーナーの「どうしよう……」「困った……」という悩みを、知識・実務の両面から総合的かつ柔軟に解決する「町の不動産活用コンサルタント」。

ガイドからの挨拶

始めまして、不動産コンサルタントの楯岡悟朗です。不動産業に携わる人間は、強引に説得するような営業能力ではなく、お客様が知らない不動産や取引のことを自分の言葉で説明し、それに沿って提案・解決出来るコンサルティング能力がなにより大切です。

しかし現状そのようなコンサルティングを行っている不動産業者はそう多くありません。目の前の利益や取引をまとめることに一生懸命で、ためになる情報やまとまりかけている取引を壊してしまうかもしれないご提案を伝えきれているとは言えません。

不動産取引は一般の人にとって扱う機会がごく限られていながら、その真の情報を目にすることは多くありません。それほど重要な情報にも関わらず、事前知識を持たないまま「えいや!」で飛び込まざるを得ないのが、今の不動産取引です。

「情報が少ない、伝わらない。分からないから不安。不動産って怖い!」

お客様はまさにこのような心境ではないでしょうか。先が見えないトンネルの中を、どこに連れていかれるのか分らないまま、強引に手を引いて歩かされてるようなものです。その不安や不満が不動産業者に対する不信感となり、クレームや満足出来ない不動産取引につながります。

プロの不動産業者が持つような、大きな明かり(不動産取引の知識)を手にする必要はありません。しかし暗闇を一人で歩ける、懐中電灯程度の準備は必要だと思いませんか?私はこのガイドを通じて、皆さんにその懐中電灯を与える手助けが出来ればと思います。伝える情報が多ければ多いほど、お客様は自分なりの判断材料を手にすることになり、満足いく不動産取引となるはずです。そうする取引をどんどん推し進めることが、不動産業界やそこに携わる人間の地位向上にもつながるはずです。よろしくお願いいたします。

経歴・バックグラウンド

オーナーの利益を最優先する不動産活用コンサルタント

きねや不動産株式会社 楯岡悟朗

大手の不動産会社では解決しにくい、不動産オーナーの「どうしよう……」「困った……」という悩みを、知識・実務の両面から総合的かつ柔軟に解決する「町の不動産活用コンサルタント」。相談者自身が気づいていない悩みや問題点までも浮き彫りにし、依頼者の利益を最優先に考えベストな解決策を提案する不動産のプロ。

27歳の時に営業未経験で大手不動産会社に入社。お客様のことを最優先に考え業務に励んだ結果、多くの紹介を生み表彰式の常連となる。中途社員としては最短で役職者に昇進。後輩の指導に励みながら年間50件以上の売買取引に携わる。

32歳の時、会社の利益のみを追求した体質に疑問を感じ、一人のお客さんの悩みにより時間をかけてじっくりと取り組んでいきたいと思いから父が経営する小規模な不動産会社に入社。豊富な取引経験・知識を駆使しながら日々不動産オーナーの悩みを解決しつつクライアントの利益を追求する毎日。

これまでに扱った案件は、首都圏において300件以上。取り扱った不動産の総額は60数億円にのぼる。分かりにくい不動産取引や用語を噛み砕いて誰にでも分かりやすく平易な言葉で説明することには定評がある。

資格

・宅地建物取引主任者
・第2種ファイナンシャルプランニング技能士
・AFP
・賃貸不動産経営管理士

経営・所属している企業・団体・協会

一般社団法人主催「異業種・複数専門家による出口の見える相談会」相談員

ブログ

趣味・特技

・温泉に行くこと
・一人で陽当たりが良く居心地の良いカフェへ行き読書をすることに、無上の喜びを感じます。