●ポイントが得か、割引サービスが得か?


給料、ボーナスの目減りが続いています。こんなときこそ、無駄な出費を減らしたいところです。カードで節約術をとことん考えてみましょう。

よく話題になるのがポイントが得か、割引サービスが得かということですが、何も考えずにお得を取りたいなら割引サービスがよいでしょう。

ポイントなら換算率、換金率を考えたり、有効期限やお買い物券や景品の交換期間も気にしなければなりません。しかし、割引サービスなら、そうした面倒はありません。利用代金からその場で割り引いてもらえばいいから楽チンです。

●割引サービスを見極めるポイント

それでも割引サービスを見極めるポイントはいくつかあります。割引率、現金払いも割引になるか、場所と日時が限定されているかどうかなどです。

■割引率。利用代金の1%から5%までありますが、もちろん率が大きい方が有利ですよね。

■クレジット決済の場合に割引、というカードが多いのですが、出来れば、現金払いでも割引になるのがうれしいですね。

■場所と日時が限定されているかどうかを確認しておく必要もあります。カードを発行しているデパートだけで割引になる、カードを発行しているスーパーだけで、しかも23日だけ割引になるといった条件があります。

 こうした点を押さえてから、割引サービスでお得をとることを考えていけばいいでしょう。しかし、それも面倒という人もあるでしょう。

●ポケットカードが始めている1%請求時割引

そうしたズボラな人には、ポケットカードが始めている1%請求時割引があります。

これは、とにかくカードで払った代金は、どこで使っても、いつ使っても、引き落とし時に1%分割引にしてくれるというサービスです。