楽天カードのメリット・デメリットは?
カード会員数が2000万人を突破するほどの人気を誇る『楽天カード』。

年会費が永年無料、楽天関連でお得にショッピングができるなどのメリットは有名ですが、他にも隠れたメリットはあるのでしょうか?

当記事では楽天カードのメリットとデメリットを紹介した上で、実際の口コミをもとに楽天カードの人気の理由を紐解きます。

All About ポイント・マイル ガイド 菊地 崇仁さんにコメントをいただきました。

楽天カードの強みは、ポイント還元率がどこでも1.0%と高く、ポイントの汎用性が高いことです。

ポイントをデビットカードで利用したり、証券会社で投資商品を購入する際に利用したりと、使えない場面がほぼないと言えるでしょう。

したがって楽天市場を利用しない場合でも楽天カードを発行するメリットがあります。

※記事に記載の情報は2021年6月2日時点のものです。

<目次>  

楽天カードの5つのメリット

楽天カードのメリットは以下の5つが挙げられます。
  • 年会費が永年無料
  • ポイント還元率が高い
  • 最高2000万円の海外旅行保険
  • さまざまなデザインカードから選択可能
  • 楽天ハワイラウンジが無料で利用可能
それぞれ説明します。
 

1. 年会費が永年無料

楽天カードは年会費無料で持つことができます。入会金や発行手数料などもかからないため、完全に無料です。

年会費無料のクレジットカードはたくさんあるため、これだけでは大きなメリットにはなりづらいですが、無料でありながらスペックが高いため人気と言えます。
 

2. ポイント還元率が高い

楽天カードは100円ごとに1楽天ポイントが付与されるため、ポイント還元率が1.0%です。クレジットカードはポイント還元率が1.0%を超えると高還元率といわれるため、楽天カードは高還元率と言えます。

楽天ポイントは1ポイントが1円相当です。貯まったポイントは楽天市場などの楽天グループ内で利用するのが一般的ですが、マクドナルドなど楽天ポイント加盟店や、ANAマイルに交換ができます。

楽天市場でポイント3倍
通常のポイント還元率が1.0%と高還元率ですが、楽天のサービスで利用すると、ポイント還元率がアップします。

例えば、楽天市場でのポイント還元率は3倍の3.0%です。よく楽天市場を利用する場合には、お得にショッピングできます。

その上で楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にし、楽天市場アプリを使って買い物した場合には、さらに1.5%のポイント還元があるため、なんと最大で4.5%もポイントをもらえます。

楽天には楽天市場以外にもサービスが多数あり、支払いを楽天カードにすることで追加でポイントを獲得できます。
SPU
楽天のサービス以外にも、街のポイント優待店舗で楽天カードを使うとポイントが1.5~3倍貯まります。

楽天Edyや楽天ペイでもポイントが貯まる
楽天カードは電子マネー『楽天Edy』を付帯させることができ、楽天Edyで支払いをした際には200円につき1ポイント貯まります。

楽天カードで支払えるシーンに楽天Edyを利用すると損してしまいます。しかし、楽天カードから楽天Edyへのチャージでもポイントが貯まるので、ポイントの二重取りが可能です。

楽天カードから楽天Edyのチャージ0.5%のポイント還元、楽天Edyの支払いで0.5%のポイント還元で、合計1.0%還元です。

楽天ペイは楽天カードから楽天キャッシュにチャージし、楽天キャッシュを使って楽天ペイで支払うとポイント二重取り(1.5%還元)になります。
 

3. 最高2000万円の手厚い海外旅行保険

楽天カードは、海外旅行保険が付帯します。年会費無料のクレジットカードで最高2000万円の旅行保険が付帯するのは大きなメリットと言えます。
海外旅行保険
注意点が2点あります。

注意点1. 楽天カードの海外旅行保険は利用付帯
利用付帯の場合には、カードを持っているだけでは保険が適用されません。保険が有効となるには、日本を出国する以前に下記のようなことに該当する代金を楽天カードで支払っていることが条件です。
  • 旅行代理店で予約した海外パックツアー料金
  • 渡航先への航空券
  • 目的地までの乗継便の航空券
海外に行く際には、最新の保険の適用条件を確認するようにしましょう。

参考:楽天カード|海外旅行傷害保険

注意点2. 傷害治療費用と疾病治療費用には少し不安がある
充実した保険内容ですが、海外旅行保険におけるケガや病気をしたときの補償である傷害治療費用と疾病治療費用には少し不安が残ります。

海外の医療費は高額であり200万円以上を支払わなければいけないケースもあり得るためです。

実際に、以下のように200万円を超える医療費の支払いになるケースが多数あります。
海外旅行保険事故データ

引用:2019年度 海外旅行保険事故データ(2019年4月~2020年3月)


高額になることを想定しておく必要がある点は頭に入れておきましょう。

傷病治療費用・疾病治療費用の補償は、複数枚のクレジットカードの額を合算できるため、複数枚のクレジットカードを持って旅行・出張するのを推奨します。

2019年度の海外旅行保険事故データによると事故発生率は4.14%(24人に1人)であり、治療・救援費用の保険金支払最高額は4661万円と非常に高額なので「自分は大丈夫」と考えず、対策しましょう。
 

4. さまざまなデザインカードから選択可能

楽天カードは、さまざまなデザインカードから、自分の好みのカードを選べます。なお、デザインによっては発行できる国際ブランドが決まっている場合があります。
  • 通常デザイン
  • お買いものパンダデザイン
  • FCバルセロナエンブレムデザイン
  • FCバルセロナプレイヤーデザイン
  • ミニーマウスデザイン
  • ミッキーマウスデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン
  • YOSHIKIデザイン
  • ヴィッセル神戸デザイン
  • イニエスタデザイン
シルバーのシンプルなデザイン以外の券面デザインのカードがいい場合には、メリットになり得ます。楽天カードのようにデザインが豊富なクレジットカードはほとんどありません。
 

5. 楽天ハワイラウンジが無料で利用可能

楽天カードでを持っていることでハワイのワイキキに設置された『楽天カードラウンジ』を無料で利用できます。

サービス内容としては、以下の通りです。
  • カード盗難・紛失時のご相談
  • 温かいコーヒーや冷たいジュースのご提供
  • Wi-Fi
  • 洗浄付きトイレ完備
  • マッサージチェア
  • お荷物の当日中一時預かり
  • PC/プリンター
  • 傘貸出し
  • キッズスペース
  • 授乳室
  • おむつ交換台
  • ベビーカー貸出し
楽天カードラウンジは、ワイキキの『TギャラリアハワイbyDFS』とアラモアナの『アラモアナセンター』に設置されています。買い物・観光の拠点として便利です。

ラウンジでは、日本語のスタッフが対応してくれます。海外旅行に不慣れな方の場合でも安心のサポートが受けられます。

上位カードである楽天プレミアムカード以上のカードを持っているとアラモアナセンターにある楽天ラウンジ内の専用スペース「Premium Room」を利用できます。
 

楽天カードの4つのデメリット

楽天カードは魅力的なメリットが多数ありますが、デメリットもあります。
  • 楽天からの広告メールが多い
  • 期間限定のポイントが多い
  • ETCカードの発行に550円かかる
  • サポートセンターになかなかつながらない
それぞれ説明します。
 

1. 楽天からの広告メールが多い

楽天カードから配信される広告メールが多いです。楽天はさまざまなサービスを提供しているため、クレジットカード以外のサービスの案内などもあります。

しかし、広告メールは停止することも可能です。

楽天カードのオンラインサービスであるe-NAVIで設定を変更ができます。初期設定では『お知らせを受け取る』にチェックが入っているので、『すべて解除』をすることでメールが届かなくなります。

あまり広告メールを受け取りたくない方は上記の方法で、メール設定を解除することをおすすめします。
 

2. 期間限定のポイントが多い

楽天カードを利用してもらえる楽天ポイントには以下の2種類あります。
  • 通常ポイント
  • 期間限定ポイント
期間限定ポイントは有効期間が限定されているポイントで、期限内にポイントを使用しないと失効するので注意が必要です。

有効期限は短いもので獲得してから10日間、長いもので獲得してから40日間ほどのものまでさまざまです。

※通常ポイントは、年間1回でもポイントの加算があれば有効期限が1年間延長されるので、実質有効期限が無期限です。

楽天Edyへのチャージやポイント交換もできませんので、楽天のサービスで利用する必要がある点にも注意してください。
 

3. ETCカードの発行に550円かかる

ETCカードが完全無料で付帯するカードもある中、楽天カードは年会費550円かかります。

楽天の会員ランクがプラチナ以上の場合は無料です。

プラチナランクになるには、過去6カ月間の獲得ポイント数が2000以上かつポイント獲得回数が15回以上です。楽天カードを半年で20万円以上使い、他のサービスも利用すれば、プラチナランクになってETCカードを年会費無料で利用できます。
 

4. サポートセンターになかなかつながらない

楽天カードに限ったことではありませんが、電話をかけてもなかなかオペレーターにつながらないということがあります。

楽天カードはユーザー数が2000万人を超える人気カードであり、その分問い合わせが多いため、なかなかつながらないのでしょう。

できる限り楽天カードのオンラインサービスであるe-NAVIで対応をすることをおすすめします。
 

楽天カードの口コミ

インターネットで100名にアンケート調査をした結果を紹介します。

2021年2月27日から2021年2月28日にランサーズ株式会社のクラウドソーシングサービス『Lancers』を利用したアンケート調査結果です。(性別 男性:54名・女性:46名 / 年代 20代未満:6名・30代:26名・40代:42名・50代以上:26名)
 

メリットはやはり「ポイントの貯まりやすさ」

100名中97名がポイントの貯まりやすさを魅力に感じていました。さらにキャンペーンが多く、効率的にポイントが貯まるのをメリットと考える方が10名です。
  • ポイントの還元率が高く、お得なキャンペーンも多いことです(20代・男性)
  • 楽天市場でポイントが貯まりやすい。 楽天ペイと紐づけることでポイント付与率が1.5%になる(30代・男性)
  • やはり一番はポイントが貯まりやすいことだと思います。キャンペーンなどをうまく使うとすぐに貯まるのでとても重宝しています(40代・女性)
  • 楽天銀行や楽天ペイなどと楽天カードと一緒に使うとポイントがUPするなどの特典が多いことです(30代・女性)
楽天は通常のポイント還元率が高いのはもちろん、楽天市場などの楽天サービスでポイント還元率がアップしたり、頻繁にキャンペーンを開催したりするため、非常にポイントが貯まりやすいため、納得の結果です。

その他メリットに感じる点(一例)
  • 旅行保険が充実している:4名
  • デザインが気に入ってる:2名
  • 簡単に発行できる:2名
  • 扱いやすい:1名

デメリットは「ポイントの使い勝手の悪さ」

一番魅力に感じることがポイントの貯まりやすさでありながら、デメリットは「期間限定ポイントなどの使い勝手の悪さ」がもっとも多く、24名の方が指摘する結果となりました。
  • 期間限定ポイントを使い忘れてしまう(30代・女性)
  • そもそも楽天で欲しいものがなかったりするので貯めても使えないことも多いです(30代・女性)
  • 有効期限のあるポイントが貯まると、どうしたらよいか分からなくなることと、ANAのマイレージに交換しようとすると、他社ポイントからの交換分はマイルに交換できない点です(50代・女性)
楽天カードには通常ポイントと期間限定ポイントがあり、期間限定ポイントの有効期限は短いもので獲得してから10日間、長いもので獲得してから40日間ほどのものまでさまざまです。

そのためせっかくポイント還元率が高くても失効してしまうこともあるのがデメリットと感じるようです。

その他デメリットに感じる点(一例)
  • ステータス性がない:13名
  • 電話対応が悪い、つながらない:11名
  • デザインが微妙:10名
  • ETCカードが有料:9名
  • 広告メールが多い:8名
  • 紙の利用明細が有料:2名

楽天カードが向いている人、向いていない人

楽天市場をはじめとする楽天のサービスの利用時にたくさんのポイントを獲得できるので、楽天のサービスをよく利用する方におすすめです。

楽天のサービスを利用するという方は、発行を検討してみてはいかがでしょうか?

楽天のサービスをあまり利用しない方は……
楽天カードの大きなメリットとして、年会費無料、ポイント還元率が1.0%という点がありますが、この条件に当てはまるカードは他にもあります。

楽天のサービスを使わない場合には他のカードが選択肢になりえます。例えば楽天サービスをほとんど利用しない方や、Amazon派の方はJCBが発行するJCB CARD Wがおすすめです。
JCB CARD W
JCB CARD Wは年会費無料、ポイント還元率は0.6~1%程度、海外旅行保険が最大2000万円であり、さらにAmazon、セブン-イレブン、スターバックスなどよく利用されるお店でポイント還元率がアップするためです。

※参考:楽天カード公式HP

【編集部より無料オンライン講座のお知らせ】
参加者には抽選で参考書籍をプレゼント!
人気FPが解説「教育費を貯めながら将来にも備えるマネー講座」
協賛:大和証券株式会社


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。