欠格期間の上限も引き上げられます!

ところで、酒酔い・麻薬運転の行政処分は、

(現行)「違反点数25点(欠格期間2年)」
→(改正後)「違反点数35点(免許取消、欠格期間3年)」

ということで欠格期間が1年延びて3年とされているのですが、これまで最長でも5年であった欠格期間についても、

<酒酔い運転>
(現行)2年 →(改正後)3年

<酒酔い運転+交通死亡事故>
(現行)5年 →(改正後)7年

<酒酔い運転+ひき逃げ>
(現行)5年 →(改正後)10年

と大幅に引き上げられています。

減少傾向にはあるのですが・・・

警察庁の統計によれば、飲酒を原因とする事故の件数は、ここ数年確かに減少傾向にあるのですが、昨年(平成20年)1年間に発生した飲酒事故は6,219件、このうち死亡事故は305件と、依然として見過ごす事のできないレベルにあります。今回の罰則の強化によって飲酒による事故が根絶されることを切に願います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。