お金を借りる/これがキホン!お金を借りる大事な話

カモにされる客!賢い客?~消費者金融編(4ページ目)

「カモにされている客」ではなく「賢いお客」になろうというシリーズ第3弾は今話題の消費者金融です。消費者金融は利用しないのが一番ですが、その理由を「自分の都合」ではなく「相手の儲け」で考えてみましょう。

山崎 俊輔

執筆者:山崎 俊輔

企業年金・401kガイド

  • Comment Page Icon
早く返済する
借り入れているお金の残高があれば、利息は毎日増えていきます。つまり同じ金額を、同じ利率で借りたとしても、遅く返す方が損するわけです。
先ほどの例(100万円借入、返済期間3年、年利28%)について、返済期間だけ1年半に短縮してみたとします。3年だと149万円かかるところが、1年半なら総支払額は124万円ですむようになります。利息分は?25万円になります。同じ100万円を149万円かけて用意するより124万円で用意するほうが「賢い」のはいうまでもありません。
もちろん、毎月の返済額は増えることになります。3年返済だと毎月41400円のところ、1年半返済だと毎月68700円返さなくてはなりません。しかし、返済額は2倍にはならずにすみます。25万円トクした効果が出ているわけです。
毎月の返済額が増えることになるので、長期ローンをつい考えてしまいますが、基本的には長期ローンはカモにされるおそれが高く、「できるだけ早く返す」プランのほうが賢いと覚えておきましょう。

とにかく、借金は賢く!

「○○が欲しい!」という購買欲にそそられて、私たちはついついクレジットやローンを利用してしまいがちです。しかし、借金はあなたの選択肢を広げてくれるものではありません。むしろ、その後の人生の選択肢を狭めてしまうものだと考えるほうがいいでしょう。

金融機関はどこも、個人にお金を貸してくれることに熱心です。おそらくあなたの「夢」のお手伝いをしてあげます、といった話をにこにことしてくれるでしょう。ついお願いしたくなると思います。今はお金がないのに、何かを購入できるのですから無理もありません。

しかしその裏には金融機関が利息で収益をあげる、という狙いがあることを忘れないようにしたいものです。消費者金融などは本当に困ったときの最後の切り札がある、と思うようにしておきましょう。それ以外のローンも、賢く使うことを一生懸命考えるようにすることが大切です。



→バックナンバーはこちら
  第1回 銀行・預貯金
  第2回 投資信託
  第3回 消費者金融
  第4回 住宅ローン
  第5回 オンライントレード
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/7/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます