台湾のご飯料理

油飯

屋台の定番おこわ、油飯は赤ちゃんが生まれた時のお祝いにも使われる料理

日本同様、台湾の主食は米。台湾料理ではご飯の上に肉とタレをのせるどんぶりスタイルや、もち米を蒸したちまきやおこわ料理が多く見られ、こういった料理は日本人の好みに合うといえるでしょう。

ご飯1 魯肉飯

魯肉飯
魯肉飯は、台湾南部では肉燥飯と呼ばれることが多い
魯肉飯(ルーロウハン)は、台湾を代表とする料理のひとつとして、地元でも大変人気があります。細かく刻んだ豚のバラ肉を、にんにく、生姜、干しエビや中華調味料などを入れて煮込み、白いご飯にかけていただきます。肉の旨みが出たにんにく風味の濃いタレがご飯にからまり、なんとも言えないおいしさです。似たメニューで鶏肉飯というのがありますが、こちらはさっぱりとした鶏の胸肉を使用。豚肉の脂身が苦手な人にはこちらがおすすめ。

 

ご飯2 紅[虫尋]米[米羔]

紅?米?
蟹おこわは台湾では高級料理。値段は時価という店も
紅[虫尋]米[米羔](ホンシュィンミーガォ)はワタリガニが丸ごと入った蟹おこわ。見た目もリッチな一品で、台湾ではもてなしの料理に使われることが多いメニュー。味はさっぱりとしているのですが蟹の旨みがお米にしみて、蟹もおこわも楽しめる料理です。1皿がかなり大きく4人前くらいあります。紅?米?に似ているものでもっと庶民的な屋台料理に油飯(ヨウファン)というものもあります。こちらは具にシイタケが使われることが多く、干しエビや豚肉が入ることも。

 

ご飯3 排骨飯

排骨飯
台湾の駅弁はご飯の上におかずを全部載せるスタイル
排骨飯(パイグーファン)は手のひらほどもある大きな豚の骨つき薄切り肉に衣をつけて油で揚げ、タレに漬け込んだものをご飯の上にのせたもの。台湾鉄道の駅弁の定番メニューで、天丼ととんかつが合わさったような、それでいて懐かしい味です。

 

ご飯4 竹筒飯

竹筒飯
素朴な優しい味がします
竹筒飯(ヂュートンファン)は竹筒に米と具を詰めて蒸したもので、竹を縦に真っ二つに割って食べます。原住民の料理から始まり、今では台湾家庭料理のひとつと言えます。薄味ながら味わいがあり、もちもちしていて美味。意外に量があるので、2人で1本がオーダーの目安。