【システム管理】

問題のあるハードディスクを使い続けていると、Windowsが起動できなくなったり、重要なデータを失ってしまうことがあります。

ハードディスクのトラブルを避けるためは、次の操作を定期的に行いエラーの有無を確認してください。

以下の解説はWindows XPでの操作です。Windows Vistaの方は、こちらを参照してください。

まず、[マイ コンピュータ]を開き、チェックしたいハードディスクを右クリックします。メニューが表示されたら、[プロパティ]を選択します。

[プロパティ]を選択すると、次のダイアログボックスが表示されますので、[ツール]タブをクリックし、[チェックする]ボタンをクリックします。

[チェックする]ボタンをクリックすると、次のダイアログボックスが表示されます。[ファイルシステムエラーを自動的に修復する]ボックスと[不良セクタをスキャンし、回復する]ボックスをチェックして、[開始]ボタンをクリックします。

[開始]ボタンをクリックすると、次のダイアログボックスが表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。

[ファイルシステムエラーを自動的に修復する]ボックスをチェックした場合は、再起動時にハードディスクがチェックが実行されます。


【手順のまとめ】

 1)[マイ コンピュータ]を開く。

 2)チェックしたいハードディスクを右クリックする。

 3)[プロパティ]を選択する。

 4)[ツール]タブをクリックする。

 5)[チェックする]ボタンをクリックする。

 6)2つのボックスをチェックする。

 7)[開始]ボタンをクリックする。

【関連リンク】

システムのプロパティを簡単に開く

CPUとメモリの使用状況をグラフで確認する

パスワードリセットディスクを作成する

サウンド再生の機器を変更する

起動時のサウンドを変更する

印刷データを取り消す
 

Windows Vistaの方は次ページ>>