シンガポール観光で外せない5大エリアとは?

近代的なビルの立ち並ぶ目抜き通りからローカルの生活臭漂うディープな街まで、小さな島に様々な顔を持つエリアがぎゅっと詰まっているシンガポール。今回は、とりあえず外せない、シンガポールの代表的な観光エリアを5つに分けてご案内していきます。ビギナーなら、まずはこれだけ押さえれば大満足間違いなし! シンガポールを旅しましょう。

オーチャードロード周辺

オーチャード雑感

世界中の観光客が集うオーチャードロード。ショッピングモールや高級ブランド店舗が軒を連ねる

シンガポールを代表するショッピングセンターや高級ホテル、一流ブランドショップが美しい街路樹に彩られた歩道に立ち並ぶ、 シンガポール観光の中心地。MRTオーチャード駅を拠点に、街歩きとショッピングが楽しめるエリアです。

特に、シンガポール随一の目抜き通りであるオーチャードロードは、2000~2010年にかけて新ショッピングセンターが続々と登場し、大変身を遂げました。MRTオーチャード駅の真上にある巨大ショッピングセンターアイオン・オーチャードをスタート地点に、最旬スポットはロードの東側に集中。メリタス・マンダリンホテルの1~4階に設けられドルチェ&ガッバーナやジャスト・カバリなどの人気高級ブランドが軒を連ねるマンダリンギャラリーや、MRTサマセット駅に直結するショッピングセンター313・アット・サマセット。12階建てとシンガポールで最も高い垂直に伸びるショッピングセンターで、個性的なシンガポールブランドの店舗や館内に配されたアーティスト作品も印象的なオーチャード・セントラルなどが、観光客はもちろんローカルも大注目。その人気ぶりは「オーチャードロードの人の流れを変えた」と言っても決して過言ではありません。

夜になると、各ショッピングセンターやビル群に明かりがともり、昼間とはまた違ったオーチャードロードの顔が見られるのも魅力的。クリスマスシーズンになると、毎年テーマを決めて競い合うようにさらに華やかなライトアップが街を彩る姿も素敵です。