・ 2重改行を確実に回避する工夫

前ページで解説したように2重改行を確実に回避するためには、半角60文字前後で[Enter]キーを押して手動で改行する方法しかありません。

また、RFC2646 に準拠しているメールソフトでは自動改行がおこなわれませんので、読みやすいメールにするためには意図的に手動で改行する必要があります。

しかしながら、文字を数えながら入力するのは面倒ですから、私はメッセージに挿入される署名を横幅60文字で作成し、本文を署名の横幅を超える前に改行するようにしています。

署名を作成するには、まず[ツール]メニュー→[オプション]をクリックします。

[オプション]をクリックすると、[オプション]ダイアログボックスが表示されますので、[署名]タブにある[作成]ボタンをクリックします。

[作成]ボタンをクリックすると、[署名の編集]テキストボックスにカーソルが表示されますので、横幅が60文字(半角)になるように署名を作成します。

署名を自動挿入したいときは、[すべての送信メッセージに署名を追加する]ボックスをチェックします。続いて、[返信と転送メッセージには署名を追加しない]ボックスのチェックを解除します。

以上の設定をすると、新規メールや返信メールの作成時に自動的に署名が挿入されます。

 【手順のまとめ】 署名の作成

 1)[ツール]メニュー→[オプション]をクリックする。

 2)[署名]タブをクリックする。

 3)[作成]ボタンをクリックする。

 4)署名を作成する。

 5)[すべての送信メッセージに署名を追加する]ボックスをチェックする。

 6)[OK]ボタンをクリックする。

【関連リンク】

迷惑メール対策を教えて

メッセージをサーバーに残す

メールを仲間に一斉送信!

画像を縮小して送信する

起動後すぐに受信トレイを開く

メールを自動的に振り分ける!

(酒井雄二郎)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。