【ファイル/フォルダ】

拡張子とは、簡単にいうとファイルの名前の後に付く3文字の英数字で、ファイルの種類を表しています。Wordでは「.doc」、Excelでは「.xls」というように、アプリケーションにごとに決められています。

Windows の標準設定では、拡張子は表示されません。これは、「ファイル名を変更するとき、誤って拡張子も同時に変更されないように…」との配慮のためと思われます。

しかし、拡張子を表示すると、ファイルの種類がひと目で分かり大変便利です。まず、[マイドキュメント]などのフォルダを開き、[ツール]メニュー→[フォルダオプション]をクリックします。

[フォルダオプション]をクリックすると、次のダイアログボックスが表示されます。ここで、[表示]タブをクリックし、[登録されている拡張子は表示しない]ボックスのチェックを解除します。


 

・設定前


・設定後

【手順のまとめ】

 1)[ツール]メニューをクリックする。

 2)[フォルダオプション]をクリックする。

 3)[表示]タブをクリックする。

 4)[登録されている拡張子は表示しない]ボックスのチェックを解除する。

 5)[OK]ボタンをクリックする。

【関連リンク】

特定種類の拡張子のみ表示する

ファイルプロパティを簡単に表示

ファイル/フォルダを隠す

[SendTo]フォルダを探せ!

(酒井雄二郎)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。