【ファイル/フォルダ】

ファイルプロパティにはサイズのほか、作成日時、更新日時、アクセス日時、属性などファイルに関する詳細なデータが記載されています。特にWord文書では、キーワードを設定することができて、文書整理に大変重宝します。

通常、プロパティはファイルを右クリックしてショートカットメニューから[プロパティ]を選択しますが、もっと簡単な方法があります。プロパティを表示したいファイルを[Alt]キーを押しながらダブルクリックしてみてください。

 これだけで[プロパティ]ダイアログボックスが表示されます。この操作は、ファイルだけでなくフォルダやショートカットにも応用できます。意外と知られていない操作方法ですが、便利なのでぜひ活用してください。

【手順のまとめ】

 1)プロパティを表示したいファイルを[Alt]キーを押し
   ながらダブルクリックする。

【関連リンク】

すべてのファイルを表示する

フォルダに画像を付ける

ファイルのパス名を表示する




投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。