Windowsの使い方/Windowsの使い方関連情報

ショートカットでフォルダを開く

『Windows便利ワザ大辞典』。今回は、よく使うフォルダのショートカットをデスクトップに作成します。ハードディスクの中を探し回らなくても、フォルダを簡単に開くことができます。

執筆者:酒井 雄二郎

【デスクトップ】

「ショートカットはアプリケーションを簡単に起動するためだけに使うモノ」と思い込んでいませんか? 良く使う文書や画像フォルダのショートカットをデスクトップに置いておくと、ハードディスクの中を探し回らなくても簡単に開くことができます。

ショートカットにしたいフォルダを選択し、デスクトップまで右ドラッグします。通常のドラッグですと、デスクトップにフォルダが移動されてしまいますので、注意してください。

マウスのボタンを離すとメニューが表示されますので、[ショートカットをここに作成]をクリックします。

作成されたショートカットアイコンをダブルクリックすると、目的のフォルダを直接開くことができます。

なお、デスクトップにショートカットアイコンが表示されない場合は、デスクトップを右クリックして、[アイコンの整列]→[デスクトップアイコンの表示]をチェックしてください。

【手順のまとめ】

 1)ショートカットにしたいフォルダを選択する。

 2)フォルダをデスクトップまで右ドラッグする。

 3)マウスの右ボタンを離すとメニューが表示される。

 4)[ショートカットをここに作成]をクリックする。

【関連リンク】

ショートカットのリンク先を探す

簡単にできる!プログラムの起動

恐るべしWindows XP!

ショートカットアイコンを作ろう

(酒井雄二郎)

【編集部おすすめの購入サイト】
Amazon で Windows 関連の商品をチェック!楽天市場で Windows 関連の商品をチェック!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます