<Index>
なんといっても[Ctrl]+[C]と[Ctrl]+[V]
元に戻すときは[Ctrl]+[Z]
上書き保存は[Ctrl]+[S]
ブラクラ対策には[Alt]+[F4]

特定のキー を組み合わせることで、面倒な操作が簡単にできてしまうショートカットキー。使いこなすまではには少し時間がかかりますが、こんなに便利なものはありません。

ひと口にショートカットキーといっても、数えれば何百もあります。しかし、良く使うショートカットキーは決まっています。

ベテランの方には「そんなの常識!」と怒られそうですが、初心者にこれだけは覚えてほしいショートカットキーを紹介します。
 
 ◆ なんといっても[Ctrl]+[C] と [Ctrl]+[V]  <Indexに戻る>

ショートカットキーの人気ナンバーワンといえば、なんといっても[Ctrl]+[C] [Ctrl]+[V]でしょう。今まで使っていなかった方! かなり時間をムダにしていますよ!

私はいつもWordで原稿を書いているのですが、コンピュータ用語など長い文字はしょっちゅう「コピー」して使いまわしています。文字のコピーは、マウスで文字を選択し[Ctrl]を押しながらドラッグ&ドロップでもできるのですが、そんなカッタルイことやっていられません。

文章を書いているときはマウスを使わずキーボードに集中した方が、効率的に入力できます。カーソルの移動は、矢印キーで行い、文字の選択は[Shift]を押しながら[→]で行います。

複数行を選択したい場合は、行の先頭で[Shift]を押しながら[↓]を連続して押します。

コピー元を選択したら[Ctrl]を押しながら[C]を押し ( [Ctrl]+[C]と表記 以下同様 )、コピー先にカーソルを移動してから、[Ctrl]+[V]で貼り付けます。

このショートカットキーの良いところは、キーボードで[C]と[V]が隣り合わせなことです。左手だけでコピー アンド ペーストがスムースにできます。

● 文字列をコピー                                            

文字列を「移動」したいときは、[Ctrl]+[C]の代わりに[Ctrl]+[X]で切り取り、貼り付け先にカーソルを移動してから、[Ctrl]+[V]で貼り付けます(カット アンド ペースト)。