変換候補が変だ!

辞書登録をいくら行っても、肝心の変換エンジンがうまく働かないと、上手な変換ができません。

たとえば、「~かどうか?」とか「~ようだ」の言葉の変換がうまくいかず、「大切かどうか?」が「大切日どうか?」になってしまったり、「苦しいようだ」が「苦しい要だ」となってしまいませんか?

このようにおかしな変換をするときは、“自動学習辞書”に問題がある場合があります。
思いきって、自動学習辞書を削除しましょう。
※自動学習辞書を削除したらシステムを再起動することを忘れないで下さい。

【自動学習辞書の場所 - Mac OS 9.x】

システムフォルダ:初期設定:自動学習辞書
システムフォルダ:初期設定:自動学習辞書-逆引


【自動学習辞書の場所 - Mac OS X】

ユーザーホームフォルダの~/Library/Preferences 以下 com.apple.JapaneseAnalysis フォルダにあるLearningDictionary.dict


・・・おっと、でも削除する前に、“自動学習辞書”にどんな単語が登録されているか気になりますよね?
そんなときは、テキストファイルで書き出す方法を使います。

【自動学習辞書の中身をテキストファイルに書き出す方法 - Mac OS 9.x】

  1. えんぴつ”メニューから、“辞書ツール起動”を選びます。
  2. 起動してきたツールのメニューで option キー押しながら、“ファイル - 辞書を開く”を選び、システムフォルダ:初期設定:を選びます。
  3. すると自動学習辞書が読み込めますので、“ファイル - テキスト形式で保存”を実行します。

【自動学習辞書の中身をテキストファイルに書き出す方法 - Mac OS X】
  1. えんぴつ”メニューから、“単語登録/辞書編集”を選びます。
  2. WordRegister(ことえり単語登録)というアプリケーションが起動しますので、まずダミーとなる新規辞書を“辞書 - 新規ユーザー辞書の作成”により作成します。名前はなんでもかまいません。 ここでは“一時辞書”という名前にしました。
    この“一時辞書”に自動学習辞書(LearningDictionary.dict)の中身を“辞書 - テキストや辞書から取り込む...”により取り込みます。
  3. 取込みが完了したら、“辞書 - テキストに書き出す...”を選んでテキストで保存して下さい。
※作業が終わったら、先ほどの“一時辞書”を~/Library/Dictionaries/ から削除しましょう。

・・・テキストに書き出された辞書は、CSV 形式ですので、表計算ソフトに取り込むと見やすく、編集しやすいのではないでしょうか?
もちろん、編集したテキストを新しく作った辞書などに取り込んでもOKです。


ことえりの環境設定(登録した辞書は開かないと使えません)


さて、自動学習辞書を削除したら、「大切かどうか?」「大変なようです」と一発で入力できました・・・やれやれです。(笑)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。