ネイルカラーが上手く塗れない…そんなお悩みをすっきり解消します。カラーリングを美しく仕上げるのに欠かせないポイントを押さえて、きれいな仕上がりと長持ちネイルをマスターしましょう。
マットネイルカラーの正しい塗り方とは?

マニキュアの正しい塗り方をマスターしよう!

マニキュアのことを「カラーポリッシュ」と呼びます。ポリッシュは大きく分けて「マットタイプ」と「パールタイプ」の2種類があります。タイプによって塗り方が異なります。それぞれのポリッシュの塗り方をご紹介していきます。
   

マットネイルカラーの塗り方

1. カラーリングをする前に、エタノールを含ませたコットンなどで爪の表面の油分を落とします。エタノールが無い場合は、ハンドソープで手をよく洗います。

※爪の表面に油分が残っていると、塗る際にカラーがはじいてしまいムラの
原因になります。



 
2. ベースコートを塗布します。爪のサイドやエッジ(先端の断面部分)も忘
れずに塗ります。







 
3. ポリッシュを使う時は、ハケの片面をボトルの縁でよくしごいて適量を取ります。この時にやや強めにしごくことによってハケ先が扇形のように広
がる形になることが理想的です。






 
4. ポリッシュを爪のサイドとエッジに塗布します。









 
5. ポリッシュを爪の表面に塗ります。ムラにならないように中央→左側→右側の順に3~4回の刷毛運びで塗り終わるように心掛けましょう。

甘皮から約1mm程度間をあけて塗るのが最も理想的とされています。






 
6. 手順4・3をもう一度繰り返します。









 
7. はみ出してしまった箇所は、ウッドスティックに除光液をつけて修正します。ウッドスティックはあらかじめファイルで先を尖らせておくと便利です。







 
8. 最後にトップコートを塗布します。爪の両サイド・エッジまで塗ります。








 
8. 完成です。


 





 

タイプのカラーの塗り方

1. マットタイプと同様に1~4までの手順を行います。表面のカラーの塗り
始めは左サイドからです。








 
2. マットタイプとは異なり、パールタイプは細い線を引いていく感覚で徐々に右側まで塗っていきます。








 
3. 表面を2度塗りします。パールタイプはハケの跡が残りやすいので注意が必要です。力が強すぎるとカラーが歪み、きれいな仕上がりになりません。







 
4. 最後にトップコートを塗布します。爪の両サイド・エッジまで塗り完成です。






 
 

ハケ運びが仕上がりを決める!

ネイルアートのポイント
カラーリングのポイントはココ!
カラーは「塗る」という感覚ではなく、「運ぶ」ということを意識してみると良いでしょう。ハケにかける圧は最小限にし、爪の上にカラーを乗せていく軽いハケ運びがポイントになります。





【関連記事】​​​​​​

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。